hide、突然の旅立ちから20年「川崎 CLUB CITTA’」で一般ファン参加献花式

ニュース 公開日:2018/05/02 86
この記事を
クリップ

1998年にhideが旅立って20年。

当時、築地本願寺で行われた告別式には5万人が参列するなど大きな社会現象となった。2010年に同じく築地本願寺で行われた13回忌の一般献花式にも3万5千人が参列。hide永眠後、毎年この時期には『hide Memorial Day』と題したフィルムライブなどの開催が続けられており、日本国内だけでなく、海外からも多くのファンが訪れる。

そして、2018年5月2日(水)、かつてhideもライブを行ったことがある、ゆかりある場所「川崎 CLUB CITTA’」にて、8年ぶりとなる一般ファンの参加が可能となる『hide Memorial Day 2018〜献花式』が執り行われた。




会場にはhideが当時愛用していたギターや衣装が飾られ、メモリアルパネルの展示も行われている。なお、この日の献花台に飾られた1万本を超える鮮やかな黄色い花々は、98年に発表されたhideの楽曲『HURRY GO ROUND』(ハリー ゴー ラウンド)にある「また 春に会いましょう」からインスピレーションを得たものだという。

この日は開場時間前から多くのファンが駆けつけていたが、印象的だったのは年齢層が大幅に広がっているということ。今や年齢層も高めかと思われがちだが、小学生ファンも多く駆けつけhideのトレードカラーでもあるピンクのガーベラに祈りを込め、献花台に花を手向けていた。

「川崎 CLUB CITTA’」では20時まで献花式を行っており、2FのBARでは記念マドラー付きの限定カクテルを楽しむことも出来る。また、5月26日からはhideのメッセージを追ったドキュメンタリー映画「HURRY GO ROUND」の公開が控えているなど、hideの音楽は時代を超え色褪せることなく彩り続ける。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ