PATA(X JAPAN)「Vanishing Vision」時代の”X原風景”を語りまくる

ニュース 公開日:2018/04/17 73
この記事を
クリップ

4月23日に「ヘドバン Vol.18」(シンコーミュージック)が発売される。

今号のメイン・タイトルは……“みんなメタルに狂ってやがる”!

まずは、先日「コーチェラ・フェスティバル」のステージに立ち再始動を果たしたX JAPAN。その原点ともなった1st『Vanishing Vision』が今年の4月で発売30周年ということで『ヘドバン』が狂愛トリビュート。

『ヘドバン』初登場のPATAが『Vanishing Vision』時代のX原風景を15,000字で語りまくる。




また、陰陽座からリーダーの瞬火が『ヘドバン』に降臨。自身のメタル人生を2万字で語る他、自他共に認めるJUDAS PRIEST狂っぷりが炸裂……JUDAS PRIEST全スタジオ・アルバムを瞬火自ら徹底レビュー。

そして“めくるめく狂ったメタルの世界へようこそ!”と題して、ベッド・インが語りまくる「80年代メタル歌謡」を筆頭に「クサメタル」「クソ・メタル」「駄作メタル」等々、メタルの奥深き世界を狂ったように掘り下げる。


<雑誌情報>

シンコー・ミュージック・ムック「ヘドバン Vol.18」

A5判/224頁/本体価格1,300円+税/4月23日発売

関連タグ