鬼龍院翔 国民的ヴィジュアル系バンドに至るまでを迫る

ニュース 公開日:2018/04/06 77
この記事を
クリップ

ミュージシャンの本音と本心に迫るパーソナルロングインタビュー集「ROCK AND READ」が4月25日に発売になる。





77号の表紙巻頭は、1月にサードアルバム『キラーチューンしかねえよ』をリリースし、3月17日にさいたまスーパーアリーナ2デイズを含む全国ツアーをスタートした、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔。本誌には全裸写真で話題を呼んだ37号(2011年8月発売)以来6年半振りの登場となる。当時はヴィジュアル系の異端だった彼らが、今やお茶の間でも知られる国民的なヴィジュアル系バンドになっているが、そこに至るまでの背景を2万字インタビューで追った。


さらに、9月にMALICE MIZERの25周年ライブを行なうMois dic MoisのMana、イベント“Legend Guitarist”などでも活躍中のJanne Da Arcのyouといったカリスマミュージシャンも本誌に久しぶりに登場。今回も「ROCK AND READ」ならではのラインナップで迫る。


[登場アーティスト]
鬼龍院 翔[ゴールデンボンバー]/柩 [GREMLINS]/you[Janne Da Arc]/SATOち[MUCC]/虎[A9]/AK[lynch.]/燿[摩天楼オペラ]/燕[BugLug]/Cazqui[NOCTURNAL BLOODLUST]/Mana[Moi dix Mois、MALICE MIZER]

※本記事は掲載時点の情報です。