松たか子の心の声を松重豊が"勝手にアテレコ"

ニュース 公開日:2018/03/19 63
この記事を
クリップ

松たか子と松重豊がイメージキャラクターを務めるサントリーチューハイ「こくしぼりプレミアム」
の新TV-CM「勝手にアテレコ ぶどう」篇、「勝手にアテレコ パイナップル」篇が、3月20日(火)から全国でオンエア開始となる。

今回、「こくしぼりプレミアム」として初めてのダブルキャストを採用。幅広い世代から共感を得ている松たか子と松重豊が起用された。

新TV-CMのメッセージは“たっぷり果汁と隠し酒が奏で合う”。「こくしぼりプレミアム」を片手にくつろぐ松と、松重がその後ろで松の心の声を代弁することでCMメッセージを表現。

夕暮れの中、海辺のコンドミニアムで「こくしぼりプレミアム」を、じっくりと味わう松。一方、隣のベランダで余韻にひたる松を眺める松重。たっぷりの果汁がもたらす味わいへの驚きや、果汁を引き立てる「隠し酒」が何かを想像している松の心の声を、松重がムーディーなシャンソンで演出しながら“勝手にアテレコ”していく。松重のアテレコに乗せられて演技し始める松だったが、最後は語り続ける松重を振り返り制するというエンディングだ。

松の豊かな表情、そして、松を引き立たせる、まさに「隠し酒」の様な役割を担う松重の熟練した演技に注目だ。

初共演は20年以上も前になるという松たか子と松重豊。
松重は今回の役回りについて、「第一線で活躍し続ける松さんを、陰ながら応援し続けてきました。そんなこともあり、松さんの心の声をささやくという役が、自然に、特に作りこむこともなく表現できたと思います(笑)」とコメント。

また、リハーサル時には、そんな心の声をささやく松重の深みのある渋い声に、松も思わず笑みがこぼれた。





撮影本番では、松はアテレコに合わせて様々な表情を作り、松重は声のトーンなど細部にまでこだわり、テイク数を重ねた。二人の息ぴったりな演技、経験の豊富さにより撮影は順調に進行。撮影の合間にも笑顔で話す二人も印象的で、松重のアドリブに松も思わず爆笑してしまうなど終始和やかなで雰囲気の中、撮影は終了した。

撮影の合間には、“隠し酒”にちなみ、今だから言える“隠し事”を二人へインタビュー。松は、「着替えが早いんです」と回答。朝も仕事中も早替えが得意なエピソードを披露した。一方、松重は、「実は背が縮んできました」と話し、さらに「低めに公表していた身長に近づいてきた」とも暴露。長身の松重らしいエピソードで、松含めて撮影スタッフ全員を笑いで包んだ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)