佐々木希 ドラマ「デイジー・ラック」で"どん底状態からスタート"

ニュース 公開日:2018/02/09 4
この記事を
クリップ

NHKでは、4月20日(金)よりドラマ10「デイジー・ラック」を放送する。(毎週金曜よる10時から<45分・全10回>)
佐々木希夏菜中川翔子徳永えりの4人が、仕事に、恋に、幸せ探しをする30歳女子を演じる。



原作は海野つなみの「デイジー・ラック」。
子どものころ「ひなぎく会」という名前をつけて集まっていた幼なじみの楓(佐々木希)、薫(夏菜)、ミチル(中川翔子)、えみ(徳永えり)の4人は、えみの結婚式で久しぶりに再会する。だが、まさにその日、楓は勤務する会社が突然倒産し、恋人からもふられ、30才目前で仕事も恋も失うことに。楓は子どものころの夢だったパン職人になることを決意。町のパン屋に職を得たものの、パン作りの道は険しく、先輩の職人・安芸の指導も容赦がない。楓の新しい人生の始まりとともに、高級エステサロンの仕事にまい進する薫、極貧のカバン職人のミチル、新婚のえみの日常も、それぞれに思いがけない展開を見せていく。
4人の明日は晴れ、それとも雨?金曜の夜10時が見逃せない。

<原作者・海野つなみ コメント>
自分の中でも大事な話なので、ドラマ化されて嬉しいです。
結婚や出産で人生が変わることが多い20~30代というのは、女性は特に大きな転機だったりします。
このドラマが、そんな皆さんへのエールになればいいなと思います。

<楓役・佐々木希 コメント>
今回、山城楓役を演じさせていただける事になり、大変嬉しく思います。「私には何もない!」という、楓のどん底状態からスタートする物語。アラサー世代なら誰もが共感する部分が、胸がチクリと痛くなるくらいにりアルで切実に、そして泥臭く描かれており、「どうにか頑張れ!」と心の中で思いながら台本を読みました。幼馴染み4人のアラサー女性が、恋や仕事、生きる事にもがきながら、どう成長していくのか…私自身も楽しみです。皆様に共感していただけるように一生騒命演じたいと思っています。

(c)中村和孝

この記事の画像一覧