"エロすぎるジャズピアニスト"高木里代子「ラムちゃん」姿が刺激的

ニュース 公開日:2018/02/06 4
この記事を
クリップ

"エロすぎるジャズピアニスト"として、ピアノの確かな腕前と合わせてそのセクシーさにも大きな注目を浴びている高木里代子

セクシーなコスプレ姿でピアノを演奏する姿をYouTubeに公開し、海外からのラブコールも続々。今大注目を集めている。
クリスマスはサンタコス、正月には花魁コスとイベント毎にセクシーなコスプレ姿を披露してきたが、「次は節分っ♪」という、ブログでの宣言通りについに最新コスプレ演奏動画を公開した。



今回は、「節分」ということで「鬼」。そこで、セクシーなラムちゃんのコスプレに。
高木本人も小学校の頃からファンだったという「うる星やつら(高橋留美子著)」、休日はレンタルショップで「うる星やつら」を借りるのが楽しみだったという思い出もあるんだとか。

そんな思い出をブログに語りながらも、「小学生的にはちょい刺激的なセクシーシーンもあったよね(笑)」とコメントしていたが、そんな思い出を持つ子どもがいつの間にか、それよりも遥かに刺激的でセクシーな大人になってしまった。
そんな自身も思い入れのある「ラムちゃん」姿で、アニメのOP曲である『ラムのラブソング』を選曲。エヴァ以来、久々のアニソン曲の公開となった。

全身を見せるべく、動画再生とともにお尻から登場する高木里代子。しかし、演奏が始まるとそのセクシーさから一転、卓越した演奏技術を見せる。アニメという力も加わってか、この動画にも「沒辦法專心聽音樂」「te amo」など各国からコメントが。

次は一体どんなコスプレで演奏を披露してくれるのか楽しみだ。

ちなみにこの演奏を終え、本人も「コスプレ×アニソン」が思った以上に楽しかったようで、引き続きリクエストを募集開始。また今後も本人のYouTubeチャンネルには、アートありエロありの動画を日々公開していくそうなので、気になる方はチェックしてみよう。

この記事の画像一覧

関連タグ