チャン・グンソク LIVEツアー追加公演開催、平昌五輪キャラクターも登場

ニュース 公開日:2018/01/19 71
この記事を
クリップ

俳優としてはもちろん歌手・MCなど多方面で活躍するアジアのプリンス、チャン・グンソクのLIVEツアー「JANG KEUN SUK THE CRISHOW Ⅳ –Voyage-」の追加公演が1月18、19日、大阪城ホールで開催された。





昨年10月にホールツアーとしてスタートし全席完売となった2年ぶりの全国ツアーの追加公演となる今公演。アルバム『Voyage』の収録曲を中心に人生の喜怒哀楽をテーマとし表現しながら、ファンたちとの旅をつづけている。
公演中には昨年デビュー25周年を迎えたチャン・グンソクを会場に集まったファンが祝福する場面もあり、ファンからのサプライズに嬉しそうな笑顔を見せた。また今回の大阪公演ではゲストとしてBIG BROTHERが登場し久しぶりのTEAM Hのステージも披露された。

チャン・グンソクは2018年平昌冬季オリンピック・パラリンピック及び江原道広報大使に任命されており、19日のライブには江原道の副知事と平昌オリンピック・パラリンピックのキャラクター、スホランとバンダビもステージに登場。日本のファンへ平昌オリンピックの魅力をアピールした。なおチャン・グンソクは広報大使就任と同時に直接2018枚の観戦チケットを購入。チャン・グンソク本人も一緒に観戦するパラリンピック競技にファンを招待し、日本からの観覧ツアーも実施される。

チャン・グンソクのソロLIVEツアー「JANG KEUN SUK THE CRISHOW Ⅳ –Voyage-」は来月のアリーナ東京公演3daysでファイナルを迎える。一般発売直後に完売した2月10日、11日の公演については、明日20日より注釈付き指定席および立見席のチケット追加販売が開始される。

©FRAU INTERNATIONAL

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)