明石家さんま ”カトパン”の結婚式に出席?「あんたの夢をかなえたろか」初ロケ

ニュース 公開日:2018/01/08 11
この記事を
クリップ
}/

「テレビの持つプラスの力を結集して、人々の夢を叶えあげよう!」というコンセプトのもと、毎年見る人々に感動を与えてきたTBS恒例のお正月番組『さんま・玉緒のお年玉 スペシャル』が2018年も登場。1月8日(月・祝)よる9時から放送する。

今回も、北は北海道、南は沖縄県まで、街頭インタビューや手紙、そしてインターネットで「叶えたい夢」の募集をかけたところ、昨年を上回る1万通以上の「夢」が集まった。それらは「夢実行委員会」であらゆる観点から吟味され、どの夢を叶えるかを決定。今回のテーマは「史上○○な夢」。

24年目を迎える今回は、番組史上初、なんと明石家さんまが夢を叶えるロケに参戦した。





その夢とは・・・「主人が大好きなさんまさんに結婚式に来て欲しい」

この夢を応募したのは、加藤(旧性)綾子さん(28歳)、通称“ハマ(横浜)のカトパン”。あれ? カトパン・・・!?明石家さんまが出演する番組は見逃したことがないというほどさんま好きなご主人のために、結婚式にぜひ来て欲しいということだった。

スタッフが“ハマのカトパン”こと綾子さんに話を聞くと、応募はしたものの絶対にありえないと思い、結婚式の余興で、さんまのモノマネで人気の芸人・ほいけんたに出演をお願いしてしまうほど。ご主人は綾子さんにさんま風ツッコミを要求したり、ダメ出しをしたりと、さんまの話ばかりの日々を送っているとのこと。それを聞いたさんまはロケを快諾、番組史上初のさんまロケが実現することになった。

“カトパン”だったからOKを出したのか!? ほいけんたに余興をお願いする程、さんまをリスペクトしているご主人の「さんま愛」に心動かされたのか!? 果たしてさんまは、東京のカトパンには断られたが、“ハマのカトパン”は幸せにできるのか!?そして、余興を受けていた“さんまのモノマネ芸人”ほいけんたの運命は!?一体、どんな結婚式になるのか!?

『さんま・玉緒のお年玉 あんたの夢をかなえたろかスペシャル』は1月8日(月・祝)よる9時から放送。

ⓒTBS


この記事の画像一覧