「Simeji 今年の顔文字大賞 2017」は”それな”

ニュース 公開日:2017/12/12 9
この記事を
クリップ
}/

日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」の『Simeji 今年の顔文字大賞 2017』が発表された。

2014年から始まり今年で4回目を迎える『Simeji 今年の顔文字大賞』は、“最も今年らしい”顔文字を選ぶ賞。約 5 万種類あるSimejiの顔文字の中から、ユーザーが多く使用した顔文字や、今年話題となった言葉が反映された顔文字25作品を選出し、そのノミネート顔文字の中から「これぞ今年の顔文字!」と思われるものをユーザーが投票し、大賞を決定する。

過去3回の顔文字大賞も大きな反響を呼んだが、今年も約10,000票の投票をが集まり、厳選なる審査を行った結果、今年の顔文字大賞に選ばれたのは『それな ( ᐛ )σ』と決定した。





『それな』という言葉自体は、2015年頃から女子高生の間で日常的に多用されるようになり、現代では、SNSなどのスマホでのコミュニケーションが日常化する若者たちの間では、常套句として使われている。

従来、『それな』は関西圏の話言葉として使われており、相手の言ったことに対して「それ私も同感」という共感や同意を意味していたが、SNSで相手の投稿に対して、“いいね”と肯定しておきたい場合や、スマホトークを終わらせる時の返信スタンプの代用として『それな』が使われるようになってきた。

また、今年は“インスタ映え”という言葉が流行したが、Instagramでも、ハッシュタグで『#それな』をつけた投稿が増加している。自分の投稿に対して相槌を入れているように使われていたり、「#卍」「#それな」を組み合わせて、投稿内容を強調したり、投稿時のテンションが上がり具合も表したりしているようだ。

しかし、『それな』はどんなシチュエーションでも使えるほど万能的な反面、『それな』と言われた方は、会話を終わらせなければという意識になり、返信がしにくかったり、会話が曖昧なまま終わってしまったり、残念な相槌になってしまうケースも多いよう。

良い面、悪い面の双方の観点から、今ドキの若者のスマホでのコミュニケーション事情を表現しており、2017年に相応しい顔文字として、『それな ( ᐛ )σ』が選定された。

この記事の画像一覧