向井理&片桐はいり、仲良し二人のやりとりにニヤニヤ

ニュース 公開日:2017/11/13 13
この記事を
クリップ
}/

丸山隆平(関ジャニ∞)を映画単独初主演に迎え、「とと姉ちゃん」(NHK 連続テレビ小説)、「TIGER & BUNNY」等多数の脚本を手がけ、「小野寺の弟・小野寺の姉」で初監督を務めた西田征史の監督第二作となる「泥棒役者」が11月18日(土)より全国公開される。人違いと勘違いをくり返し、クセもの8人による“だまし・だまされ”の超喜劇エンターテインメントだ。





そして、映画「泥棒役者」へ弟・進=向井理、姉・より子=片桐はいりの“小野寺姉弟”がカメオ出演で参戦決定。あの大人気“小野寺姉弟”と3年ぶりに再びスクリーンで会える。2人が“役者”になりきる?!即興芝居で挑んだ仲良すぎのコメント映像も到着した。

2014年に公開され西田征史の監督デビュー作にして大ヒットとなった「小野寺の弟・小野寺の姉」。向井理演じる弟・進と片桐はいり演じる姉・より子の"日本一!不器用な姉弟"の日常は今でも数多くのファンに愛されている。劇中の重要なシーンで登場する小野寺姉弟。その変わらぬ姉弟のやり取りには思わずニヤニヤしてしまうこと間違いなしだ。まさに作品の垣根を超えた西田作品ユニバースが実現。ファンならずとも見逃せない。

またそんな2人からコメント映像も到着。「タマとミキ」の絵本を片手に「泥棒役者」を観に行こうと話始める姉弟。「“泥棒”なんて怖いやつダメだもん」と最初は尻込みするより子を「怖くない、怖くない」と諭す進。より子に「どういうのなの?」と聞かれた進が答えたのは...なんと「ラブコメ」。映像は即
興芝居風になっており、2人は完璧に(?)“役者”になりきっている。果たして「泥棒役者」はラブコメなのか!?ぜひその真偽を劇場で確認してもらいたい。また続いての告知コメントも2人にしか醸し出せない空気感に思わず見ている側がニヤニヤしてしまう。微笑むより子、それを嫌がる進の表情にも注目だ。

■映画「泥棒役者」
11月18日(土)TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー!!
配給:ショウゲート
(C)2017「泥棒役者」製作委員会

この記事の画像一覧