大型新人iKON デビューアルバム『WELCOME BACK』が累計12万枚突破

ニュース 公開日:2016/04/01 8
この記事を
クリップ
}/

BIGBANGの系譜を継ぐ平均年齢19歳の7人組ボーイズグループiKON(アイコン)。

彼らが1月13日(水)に発売した日本デビューアルバム『WELCOME BACK』に、新曲6曲を追加収録したニューアルバム『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』が3月30日(水)にリリースされたが、この出荷枚数が、デビューアルバム『WELCOME BACK』と合わせ累計12万枚を突破したことがわかった。





1月12日付けオリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場1位(5.3万枚)を獲得し、このアルバムを引っさげた初の日本ツアー「iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN」は、海外アーティストとしてデビュー後最速となる日本武道館公演を含む、全国5都市14公演を実施。ファーストツアーとしては異例となる146,000人を動員するなど、新人離れした好調な動きを見せている。

『WELCOME BACK -COMPLETE EDITION-』は、日本デビューアルバム『WELCOME BACK』の収録楽曲に加え、新たに初の日本ツアーでもアルバムに先がけ披露されていた「DUMB & DUMBER」「WHAT’S WRONG?」「I MISS YOU SO BAD」「RHYTHM TA REMIX (ROCK Ver.)」の日本語バージョンを収録。また、日本オリジナルとして「ANTHEM REMIX (CHOICE37 Ver.) / B.I&BOBBY」、ボーナストラックとして韓国でも未発表の日本エクスクルーシブ新曲「JUST GO」も追加されるなど、新録6曲を追加した豪華な収録内容となっている。

今作はリパッケージアルバムながら3月29日付けオリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場4位を記録。日本国内の主要音楽配信サイトでも並みいる強豪を押さえ1位を獲得するなど人気の高さをうかがわせる好状況だ。

また映像に関してはDVD商品に加え待望のBlu-ray商品も追加され、各シングル曲のミュージックビデオ・メイキング映像と、日本で行われたプロモーション活動・リリースイベントに密着したドキュメント映像も収録と充実の内容となっている。

日本でもオフィシャルファンクラブ「iKONIC JAPAN」が1月に設立され、ますますの人気に期待がかかるiKONの活躍から目が離せない。

この記事の画像一覧

関連タグ