GLAY初の香港公演が大成功!!

ニュース 公開日:2013/05/27 29
この記事を
クリップ
}/

5月25日、GLAYが1994年にシングル『RAIN』でデビューした日に、初の香港公演を行った。


19周年を迎えたこの記念すべき日、香港・アジアワールドエクスポアリーナで迎えた。実は意外なことに5月25日にライブを行うのはデビュー以来初めて。香港初上陸、そしてデビュー記念日初ライブと2つ“First”が重なったメモリアルデイになった。
オープニングSEでメンバーの名前がテロップで出るたびに大歓声があがり、メンバーがステージ後方から登場。1曲目は『JUSTICE [from] GUILTY』からスタート、「Are you ready Hong Kong? 行くぜ香港」とTERUがシャウトすると、集まった約6000人のファンはメンバーの一挙手一投足に歓声を上げる。
「大家好 我門是 ウォーティーハイGLAY」と広東語でMCを始めるTERUは、この日、広東語、英語、日本語の3カ国語を使い分けながらMCを行う。
「次の曲は僕らの最も大切な曲の一つです。この曲でGLAYを初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか?この曲を通して僕らも沢山の人と出会えました。みなさん一人ひとりの心と魂に届くように歌います」と英語でMCした後、
『HOWEVER』と曲名が告げ られるとピアノのイントロがまるで聞こえない程の大歓声が起こった。




終盤は、『SOUL LOVE』から「みんなの元気な声をきかせてください」と『生きてく強さ』、そして「この曲を香港でやりたかった」と『彼女の“Modern…”』を演奏。
大歓声の中メンバーがステージを降りた後は、開場のファンにはアンコールを待つまでの間【HISTORY OF GLAY】と題されたデビュー19周年を記念したムービーが上映され、その軌跡の一つ一つに起きる歓声や拍手が送られた。
アンコールがスタートし、『ずっと2人で…』から切れ目なく『I'm in Love』へと続く。曲の最後に最後尾まで届くほどの大きさで「I Love You!」と肉声で叫ぶTERU。
エンディングに流された『Eternally』の後に巻き起こったのはアンコールを求める声・拍手・足踏み。地響きがバックステージを揺らし、メンバーもその声に導かれ再びステージへ。



ダブルアンコールは『グロリアス』を演奏し2時間半のライブは終了した。
『Eternally』今すぐゲットするなら→今すぐクリック!
【GLAY ASIA TOUR 2013 JUSTICE & GUILTY 香港公演セットリスト】
M1 JUSTICE[from]GUILTY
M2 誘惑
M3 HEAVY GAUGE
M4 口唇
M5 華よ嵐よ
M6 everKrack
M7 HOWEVER
M8 BE WITH YOU
M9 春を愛する人
M10 WHO KILLED MY DIVA
M11 Super Ball 425
M12 MERMAID
M13 Together
M14 BELOVED
M15 SOUL LOVE
M16 生きてく強さ
M17 彼女の“Modern…”
M18 SHUTTER SPEEDSのテーマ
M19 ACID HEAD
ENCORE
M20 ずっと2人で
M21 I’m in Love
M22 グロリアス

この記事の画像一覧