「ドラムとボーカル武器に」シシド・カフカ セッションアルバム発表

音楽 公開日:2015/04/23 36
この記事を
クリップ

すでに先日解禁されたフジテレビ系ドラマ木曜劇場「医師たちの恋愛事情」主題歌『Don’t be love feat.斉藤和義』のMVがドラマとともに話題のシシド・カフカ。


そんな彼女がavex移籍後初のリリースとなるセッション・ミニアルバム『K5(Kの累乗)』の発売を発表した。

個性溢れるアーティストたちをフィーチャリングしたセッション・ミニアルバム。ドラムとボーカルを武器に、日頃から敬愛するミュージシャン達と真摯に対峙したその楽曲達はまさに「奇跡のセッション・ミニアルバム」に仕上がっている。



参加ミュージシャンはこれから順次発表予定だが、まずは斉藤和義とRIZE、Dragon Ash、LIFE IS GROOVEを率いて活躍するベーシストKenKenの参加が決定している。

今回のセッション・ミニアルバムに参加するにあたりKenKenは「ベースとドラム、リズムを中心に何かカッコイイことが出来ないかと思い、悩んだ挙げ句、今回の楽曲にしました。彼女特有のストレートなロック感を大事にしつつ、いい意味で期待を裏切る楽曲に仕上がっていると思います。今回のセッションでミュージシャンとしてのシシド・カフカをわかってもらえるのではないでしょうか。ドラムプレイも歌も見た目も完璧人間です。」と語っている。

まずはセッション・ミニアルバムにも収録される新曲『Don’t be love feat.斉藤和義』(作詞:斉藤和義/シシド・カフカ、作曲:斉藤和義、プロデュース:斉藤和義)が4月29日より配信スタートするので、ぜひチェックして欲しい。

そして6月17日のリリース当日にはTSUTAYA O-WESTでのレコ発ワンマンライブも決定し、昨年はドラマで大注目された彼女だが、2015年は神髄でもあるミュージシャン=シシド・カフカとしての活躍がとても楽しみだ。


この記事の画像一覧 (全 3件)

関連記事

Md y170srpxw4lzqby6j77
超特急 逆境乗り越え、ツアーファイナル圧巻パフォーマンス
音楽 2
Md cdpbbopr45fp2v0672d
BiSH「城ホール即完ありがとう記念」アイナ・ジ・エンドのルーツ辿るMV公開
音楽 3
Md z7ijqjo51khd3xfup0p
GLAY ニューアルバムの詳細発表、TAKURO「言葉に拘った作品」
音楽 3
Md m1qh8xkj1rqrtgp6xuq
テレビ東京×秋元康が仕掛ける『青春高校3年C組』メジャーデビュー決定
音楽 5
Md dhqx6kvolo344lulor2
FTISLANDイ・ジェジンの1stミニアルバム『scene.27』全曲ダイジェスト映像が公開
音楽 5
Md csery6t0gii1js3webq
IZ*ONE日本3rdシングル『Vampire』4人の新ソロビジュアルを公開、圧倒的美貌をアップデート
音楽 5
Md dz9tvb1jjgse9bbo50r
SHINeeテミン『Famous』最新映像公開、中毒性のあるパフォーマンス
音楽 7
Md jtzvobyrw250mknk86n
BLACKPINK、アルバム『KILL THIS LOVE -JP Ver.-』最新撮り下ろしビジュアル解禁
音楽 9