1月スタートNHKドラマ10『大奥』主題歌を幾田りらが担当

音楽 公開日:2022/12/05 4
この記事を
クリップ

各種配信チャートで1位を席巻し、今熱い注目を集めている“小説を音楽にするユニット”YOASOBIのボーカルikuraとしても活躍し、シンガーソングライターとしても活動する幾田りら。2023年1月10日(火)スタートのNHKドラマ10『大奥』の主題歌を担当することが決定した。



ドラマは、3代将軍・家光の時代から幕末・大政奉還にいたるまで、男女が逆転した江戸パラレルワールドを描いてセンセーションを巻き起こした大人気コミック・よしながふみ「大奥」が原作。楽曲のタイトルは『蒲公英』。本人コメントが到着した。


 

<幾田りら コメント>

多くの人に愛され続けている『大奥』という作品の主題歌を担当させていただけることを光栄に思います。壮大な歴史と、激動の時代を生き抜く人々の熱き精神に何度も心動かされました。生まれながらにして徳川家の宿命を背負いながらも、己の正しさを信じ貫いて、力強く生きていく女将軍の姿を、楽曲に込めたいと思いました。そんな思いで完成した「蒲公英」という曲が『大奥』に登場する人々の生き様と重なり、ご覧になる皆さまの心情にも寄り添えるものとなっていただけたら嬉しいです。今から放送が楽しみです。どうぞよろしくお願いします。



幾田りらは、Google PixelのCMで『(THEY LONG TO BE) Close to you』や『Winter Wonderland』のカバーを歌唱するなどその歌声に注目が集まっており、2020年12月には、伊勢半のコーポレートブランドKISSME映像ドキュメンタリー作品への書き下ろし楽曲『ヒカリ』を配信リリース。2021年3月に配信リリースした『Answer』は、東京海上日動あんしん生命「あんしん就業不能保障保険」CMソングに起用。7月16日に公開となった細田守監督映画『竜とそばかすの姫』では、主人公・すずの親友役で初の声優を担当。11月、ソロシンガーとして活動する伶に、自身初の楽曲提供を行い、同曲にフィーチャリングで参加。12月には、ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」のCMにも起用された、milet×Aimer×幾田りら『おもかげ (produced by Vaundy)』でコラボ参加。今年1月には、ABEMAオリジナル恋愛番組『今日、好きになりました。』への書き下ろし楽曲『スパークル』を配信リリース。4月より放送開始したTBS系  火曜ドラマ持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』の主題歌『レンズ』はドラマ視聴者のみならず多くの世代の共感を呼び、7月には東京スカパラダイスオーケストラとのコラボレーションで『Free Free Free feat.幾田りら』をリリース、そのMusic Videoではトランペットの演奏を披露するなど多方面で話題を振りまいている。


■NHKドラマ10『大奥』
2023年1月10日(火) 放送スタート
[総合] 毎週(火) 午後10時~10時45分 ※初回は15分拡大
<出演>
■3代 徳川家光(堀田真由) × 万里小路有功(福士蒼汰)
■5代 徳川綱吉(仲里依紗) × 右衛門佐(山本耕史)
■8代 徳川吉宗(冨永愛) × 水野祐之進(中島裕翔)


※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント