2022年アニメが強い 年間1位はAimer「残響散歌」『SPY×FAMILY』主題歌も3曲ランクイン

音楽 公開日:2022/12/07 5
この記事を
クリップ

2022年のドワンゴジェイピー年間ランキングが発表され、シングルランキングでAimer『残響散歌』が1位を獲得した。





1位はテレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編OPテーマ

第1位のAimer『残響散歌』(読み:ざんきょうさんか)は、テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編のオープニングテーマ。今年の1月12日にリリースされたAimer通算20枚目の両A面シングル『残響散歌/朝が来る』に収録されている。第7位にランクインしている『朝が来る』も、テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編のエンディングテーマとなっており、疾走感あふれる『残響散歌』と共に話題となった。さらにテレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編のオープニングテーマであるLiSA『明け星』は、昨年の第7位に続き、今年もランクインしている。


また、2021年に『うっせぇわ』で1位を獲得したAdoは、大ヒットしたアニメ映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌『新時代』で第2位を獲得。作品に登場する歌姫・ウタの歌唱パートを担当し、劇中歌『私は最強』『逆光』の2曲もランクインした。Adoは、『新時代』で『第64回 輝く!日本レコード大賞』の優秀作品賞を受賞。さらに歌唱パートを担当しているウタは、『第73回NHK紅白歌合戦』にも出場予定だ。


SPY×FAMILY』主題歌も3曲ランクインしており、2022年はアニメ楽曲の勢いが感じられる年となった。


ドラマ主題歌もランクイン

ドラマ主題歌では、話題沸騰中の木曜劇場『silent』主題歌であるOfficial髭男dism『Subtitle』が第6位を獲得。他にも、King Gnu『カメレオン』(『ミステリと言う勿れ』主題歌)、優里『ベテルギウス』(木曜劇場『SUPER RICH』)、Uru『それを愛と呼ぶなら』(日曜劇場『マイファミリー』)など、人気ドラマの主題歌がランクインした。


その他、2022年を賑わせたヒットチューンが並ぶドワンゴジェイピー年間シングルランキングTOP30は以下の通り。


2022ドワンゴジェイピー年間シングルランキング(Android/iOS)

【第1位】残響散歌/Aimer

【第2位】新時代/Ado

【第3位】ミックスナッツ/Official髭男dism

【第4位】Habit/SEKAI NO OWARI

【第5位】M八七/米津玄師

【第6位】Subtitle/Official髭男dism

【第7位】朝が来る/Aimer

【第8位】カメレオン/King Gnu

【第9位】祝福/YOASOBI

【第10位】逆夢/King Gnu

【第11位】心という名の不可解/Ado

【第12位】KICK BACK/米津玄師

【第13位】ベテルギウス/優里

【第14位】POP SONG/米津玄師

【第15位】それを愛と呼ぶなら/Uru

【第16位】一途/King Gnu

【第17位】W / X / Y/Tani Yuuki

【第18位】私は最強/Ado

【第19位】CITRUS/Da-iCE

【第20位】逆光/Ado

【第21位】クロノスタシス/BUMP OF CHICKEN

【第22位】喜劇/星野源

【第23位】Cry Baby/Official髭男dism

【第24位】SOUVENIR/BUMP OF CHICKEN

【第25位】レオ/優里

【第26位】明け星/LiSA

【第27位】ドライフラワー/優里

【第28位】群青/YOASOBI

【第29位】ヒトツボシ/KOH+

【第30位】Start Over/THE BEAT GARDEN


【昨年(2021年)のランキング】


ドワンゴジェイピー(Android/iOS)では着うた(R)、アルバム、ビデオクリップ、K-POP、洋楽のランキングも発表されている。2022年を代表するヒットチューンをチェックしてみよう。

【アルバム・ビデオクリップなどのランキングも見る】


▼昨年(2021年)のランキングはこちら


▼関連記事


※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント