鞘師里保の革命、2ndツアーは成長した歌唱力にも注目「しっかりついてきてください」

音楽 公開日:2022/11/22 7
この記事を
クリップ

鞘師里保2ndツアー『RIHO SAYASHI 2nd LIVE TOUR 2022 UNISON』全国6都市ツアーの初日公演が、11月21日にZeep Hanedaで開催された。



DJ UPPERCUTの『MO SICK』が終わると照明が暗転し、浮かび上がる一人のシルエット。

「Merging Merging キミと没入したら自由になれたね」

Zeep Hanedaに響いたのは、歌うことへの覚悟が込められた、まるで宣言のような力強い歌声。「過去の自分との融合して、さらに動いていく」という 『UNISON』のコンセプトに最も直結している『MERGE』から2ndツアーは幕を開けた。


骨太な重低音と共にスタートした2曲目『WE THE ONES』。起伏に富んだ展開に加え、英語詞と日本語詞が縦横無尽に行き来。さらにドラムンベースのサビに乗った一糸乱れぬダンス。早くも疾走感がMAXとなり、初披露ながらクラップする振付では会場全体が一丸となって揺れた。初日とは思えない客席のノリに応えるように鞘師のボルテージも加速。冒頭から披露した新曲2曲の熱量から、鞘師のこの公演にかける熱量がダイレクトに感じられた。


ツアー初日、MC第一声は、緊張しながらも喜びを隠しきれない笑顔とともに「今日この日を心待ちにしていました。会えてうれしいです!」。鞘師の声が会場中に響き渡ると、ツアーの始まりを心待ちにしていたオーディエンスは温かい拍手で迎えた。会場中をじっくり見渡しながら「誰のことも置いていきませんので、しっかりついてきてください」と更に嬉しそうに語る姿には1stツアーを経て一皮、いや二皮三皮むけた鞘師がいた。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ