et-アンド-『treat tour 2022』ファイナル公演終了、野島樺乃「夢は武道館に立つこと」

音楽 公開日:2022/11/04 7
この記事を
クリップ

4人組新世代女性ボーカルグループet-アンド-が、本日『treat tour 2022』ファイナルとなる東京公演を、SPACE ODDで開催。東名阪3都市6公演のツアーを完走した。


【写真】東京公演でのメンバーを見る



et-アンド-は昨年夏にデビューし、今年春に初のツアーを開催。今回は2度目のツアーとなる『treat tour 2022』を開催。ハロウィンの時季ということで、「Trick or Treat」から、“もてなす”という意味もある“treat”をとって名付けられた。


不思議なリズムとループする歌詞がクセになる『Matryoshka』でステージは幕開け。et-アンド-の世界観を詰め込んだデビュー曲『#tokyo』と続き、キレのあるパフォーマンスで会場をグッと引き込んだ。リーダーの野島樺乃からツアータイトルの意味を伝え、「非日常を楽しんでいただければと思います」と呼びかけた。続いて、「私たちの歌で皆さんの心に光を届けられれば」と、『Newton』、野島のアカペラで始まった『fragile』、『花心』としっとりとした歌声を響かせた。


ファイナルの夜公演では、ここで山崎カノンがスタッフに聞いたメンバーに「モノ申したいこと」を発表。しっかりしていると思われているリーダーの野島の意外に緩い姿が暴露されたり、最年少の栗本優音にはスタッフみんな甘いことが判明し、会場が笑いに包まれた。モラレスきあらが「もっともっと盛り上がっていけますかー?」と煽り、「僕は君が好きだ」からはスタンディングに。客席からは大きなクラップが送られ、「夏海月」では手をゆらゆらと振る“海月ダンス”で会場が一体となった。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント