幾田りら、新曲がカタールW杯のフジ系公式テーマソングに決定「感慨深く、嬉しい」

音楽 公開日:2022/10/13 8
この記事を
クリップ

幾田りらの新曲『JUMP』がフジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』番組公式テーマソングに決定した。シンガロングパートは自身も所属していた「ぷらそにか」が担当する。


【関連】幾田りら『持続可能な恋ですか?』主題歌初パフォーマンス『THE FIRST TAKE』に登場



各種配信チャートで1位を席巻し、今熱い注目を集めている“小説を音楽にするユニット”YOASOBIのボーカルikuraとしても活躍し、シンガーソングライターとしても活動する幾田りら。Google PixelのCMで『(THEY LONG TO BE) Close to you』や『Winter Wonderland』のカバーを歌唱するなどその歌声に注目が集まっており、2020年12月には、伊勢半のコーポレートブランドKISSME映像ドキュメンタリー作品への書き下ろし楽曲『ヒカリ』を配信リリース。2021年3月に配信リリースした『Answer』は、東京海上日動あんしん生命「あんしん就業不能保障保険」CMソングに起用。7月16日に公開となった細田守監督映画『竜とそばかすの姫』では、主人公・すずの親友役で初の声優を担当。11月、ソロシンガーとして活動するに、自身初の楽曲提供を行い、同曲にフィーチャリングで参加。12月には、ソニーのワイヤレスイヤホン「WF-1000XM4」のCMにも起用された、milet×Aimer×幾田りら『おもかげ (produced by Vaundy)』でコラボ参加。今年1月には、ABEMAオリジナル恋愛番組『今日、好きになりました。』への書き下ろし楽曲『スパークル』を配信リリース。4月より放送開始したTBS系 火曜ドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』の主題歌『レンズ』はドラマ視聴者のみならず多くの世代の共感を呼び、7月には東京スカパラダイスオーケストラとのコラボレーションで『Free Free Free feat.幾田りら』をリリース、そのMusic Videoではトランペットの演奏を披露するなど多方面で話題を振りまいている。


そんな彼女の新曲『JUMP』が、フジテレビ系『FIFAワールドカップ カタール2022』の番組公式テーマソングに決定。幾田りらとして初のスポーツ番組テーマソングで、今回のために書き下ろした新曲となる。疾走感溢れる楽曲で、曲中にある印象的なシンガロングパートは昨年まで自身も所属していたアコースティック・セッション・ユニット「ぷらそにか」のメンバーが担当した。


11月20日に、4年に一度の世界最大のスポーツイベント『FIFAワールドカップ カタール2022』がいよいよ開幕。フジテレビでは、大注目のグループステージ第3戦「日本×スペイン」戦を含む計10試合を生放送でお送りする。


なお、この楽曲は本日の『めざましテレビ』内で初解禁され、順次フジテレビ内スポーツ・ニュース番組等で使用されていく予定となっている。配信リリース情報などは今後発表になる予定のため、注目だ。


1/2ページ

KEYWORD

注目のキーワード

PRESENT

読者プレゼント