2周年イヤー突入の円神、仲良し9人が互いのスゴいところをぶっちゃけトーク

PRODUCE 101 JAPAN元練習生 9名によるパフォーマンスユニット円神が、9月7日 に待望の1stアルバムO』をリリースした。そしてデビュー2周年イヤーに突入した彼らに、アルバム『O』に込めた思いを直撃した。


さらにドワンゴジェイピーnewsでは、事前にファンから募った質問を本人たちに直撃!インタビューではファンの方への愛はもちろん、メンバー愛が溢れる受け答えの数々が。終始笑顔が絶えず、わちゃわちゃとした他愛のない掛け合いから、仲の良さだけでなく互いに対する信頼感が伝わってくる。そんな彼らの現在の想いを聞いた。





——今年は円神が結成して2周年イヤーとなりました。現在の心境は?


A.rik「僕たち2年間活動してきたんですが、まだまだもっと上に登りたいと思っています。なので3年目はどんどん大きくなって円を大きくしていきたいです」

中林登生「なんでやねん!」

瀧澤翼「いや、そこツッコむところ違うだろ(笑)」


——9月7日に1stアルバム『O』が発売されました。


草地稜之「円神の全部の良い曲、全部の色がこの1枚にギュッと凝縮されています。プラス、今までにはなかった渋い曲調の曲や、ザ・バラード曲、盛り上がりに振り切った曲などが入ったアルバムとなっています」

中林「本当に僕たち円神の名刺代わりともいえる集大成の1枚。円神の進化も感じていただけたらうれしいです」

A.rik「なんでやねん!」

中林「いや、そこもツッコむところ違うから(笑)」


1/7ページ

この記事の画像一覧 (全 31件)