15人の所属メンバーが3万人を魅了、音楽シーンを更新した「BMSG FES'22」

音楽 公開日:2022/09/19 52
この記事を
クリップ

マルチな形で音楽シーンに新しい風を起こしているSKY-HI日高光啓)。その彼は、世界を、そしてエンターテイメントをコロナ禍が襲った2020年09月に、「才能を殺さないために」マネジメント/レーベル会社「BMSG」を立ち上げた。そして「世界で活躍するボーイズグループ」を発掘するため、私財を投じてオーディション「THE FIRST BOYS GROUP AUDITION 2021」を開催。そのサバイバルの中から、7人組ダンス&ボーカルグループ「BE:FIRST」(SOTASHUNTOMANATORYUHEI、JUNON、RYOKILEO)が2021年8月に誕生し、その実力の高さとたゆまぬ努力によって、ボーイズダンス&ボーカルシーンの中で中心的な存在となっている。

また、オーディションの中で音楽的才能を見いだされたAile The Shotaedhiii boi、トレーニーとして研鑽を積むRAN、REIKO、RUI、TAIKI。そしてBMSGの立ち上げ時からレーベルに所属し、キャリアを重ねるラッパーのNovel Core

その総勢15人によって構成されるBMSGのメンバーが集結した、レーベル開設から2周年を記念した主催野外フェス「BMSG FES’22」が、9月17日と18日の二日間に渡り、山梨県「富士急ハイランド コニファーフォレスト」にて開催された。本稿ではその1日目を中心にレポートする。



「新章突入」というこのイベントのキーワードや、「これは全て、今後への壮大な前振りにすぎません」というSKY-HIの言葉など、BMSGの大きな節目となることを予感させる「BMSG FES’22」。そのイベントを目撃しようと、日本全国から2日間で約3万人のオーディエンスがコニファーフォレストに集い、その物語の展開に注目する。またスタート前のアナウンスでは「このイベントは3時間を超えます」と発表され、会場からは驚きと期待の拍手が起こる。

そして和太鼓のSEが流れ、それに合わせて起こる観客の手拍子に導かれるように、スクリーンには和を基調にしたビジュアルで撮影された15人のメンバーの映像が映写され、更にその手拍子の音は大きくなっていく。

そしてライブはBE:FIRST『Brave Generation』からスタート。BE:FIRSTがZOZOマリンスタジアムにて、初めて有観客の前でステージに立った「SUPERSONIC 2021」から1年を迎える日に行われるこのフェス。そこでのBE:FIRSTは、この1年で高め続けてきたパフォーマンス能力を全解放するような気迫のこもったステージを最初から見せ、観客にその成長を提示する。そのままNovel Core、Aile The Shota、edhiii boi、RAN、REIKO、RUI、TAIKI、そしてSKY-HIがステージに登場し、BMSGフルメンバー15人での『Brave Generation -BMSG United Remix-』で、ライブのテンションは冒頭からトップギアに。客席内を走るトレーラーにメンバー全員が乗り込み、観客により近い形で披露された『Snatchaway』の「こんなイケてるチームなんざ他にない」という言葉や、『ナナイロホリデー』の「歓びにあふれてる」という歌詞は、BMSGメンバーの、そして会場にいる全てのリスナーの感情を代弁しただろう。

ライブのメインアクトはNovel Coreに移り、『JUST NOISE』や『BABEL』をソロで披露。現在21歳ながら、ティーンエイジャーの頃から作品をリリースし、BMSGに移籍してからは『A GREAT FOOL』、そして今年8月には『No Pressure』とコンスタントなリリースを続け、その才能を開花させている彼らしい、タイトかつエネルギッシュなライブで観客を沸かせる。そして「まだ前半戦だろ!踊れるかい!?ここで大親友を呼び込もう!」という言葉で呼び込まれたAile The Shotaとともに『HAPPY TEARS feat. Aile The Shota』をステージの張り出しで二人でエモーショナルに歌い上げ、そのコンビネーションの良さをリスナーに届けた。

その空気を切り裂くように、15歳にしてハードなラップを聴かせるedhiii boi、そして密度の濃いラップが印象的なSOTA(BE:FIRST)が登場し『118』。Novel Coreも細かくフロウしていくラップをビートに刻み、3人のラップがスパークするようなパフォーマンスを見せる。そのままedhiii boiがステージに残り、TAIKI、RUIが登場し、BMSGの15歳チームで『Anytime, Anywhere』『Nightmare』を披露。この日を「夏の集大成じゃん!」と振り返る、SKY-HIのツアーにも帯同した3人は、軽やかさとハードさの両面を表現したライブで、チームのこの先を十二分に期待させた。

3人がステージを降りると、ランウェイにはTHE FIRSTの最終審査「クリエイティブNEO」でSOTA(BE:FIRST)、MANATO(BE:FIRST)、Aile The Shotaが結成したユニット「Show Minor Savage」が登場。『No Cap Navy』に加え、新曲となる『Thinkin' bout you』をパフォーマンスし、特に「THE FIRST」オーディションから追いかけているファンを大いに喜ばせた。

そのままAile The Shotaがメインとなるライブパートへ移行し、『常懐』や『Like This』などを丁寧に歌い上げ、その甘やかな歌声でオーディエンスを魅了。「俺にとってBMSG、そして仲間は誇りです。そんな存在、居場所を新しい次のステージに連れて行くのは俺です。今に見ておいてください」という力強いメッセージから、『IMA』や『AURORA TOKIO』に展開し、その言葉を証明するようなアーティストとしてのポテンシャルを、パフォーマンスとして形にした。

そしてステージにはSKY-HI、JUNON(BE:FIRST)、LEO(BE:FIRST)、Aile The Shotaの「寅年生まれ」の4人が登場し、新曲となる『Tiger Style』。そのままSKY-HIがステージに残り、BMSGへの思いや、エンターテインメントを担う決意を楽曲に込めたメッセージが印象的な新曲『I am』を披露した。そしてステージにはSKY-HIの2014年に結成したハウスバンド「THE SUPER FLYERS」が登場し、『スマイルドロップ』『愛ブルーム』と、ド派手なセッションで観客を圧倒、観客の熱気は最高潮へ。また違った意味で観客を圧倒したのは「何様」だろう。そのシリアスな内容と鬼気迫るパフォーマンスに観客は手を振ることすら忘れ、SKY-HIの「飛べるか!」という言葉があるまで、魅入られたように彼を見つめる姿は、SKY-HIのライブならではの光景だろう。

そして『Double Down』で発射された水しぶきで、観客同様びしょ濡れになったSKY-HIは、Aile The Shotaを呼び込み『Bare-Bare』、RANを迎えてタオルを会場一体となって振った『Tumbler』、スクリーンに写った1年前に撮影されたMVとはティーンエイジャーチームの顔つきとパフォーマンスがガラッと変わったことも印象的な「14th Syndrome feat. RUI, TAIKI, edhiii boi」、REIKOのソウルフルな歌声が会場に響きわたる『One More Day feat. REIKO』と、コラボ楽曲を連続披露し、この日のフェス感をより高めていく。BMSGの結成直後に発表され、MVは富士急ハイランドで撮影されたことからも、楽曲自体がこの日のフェスへの伏線でもあったNovel Coreとの『SOBER ROCK -Remix- feat. SKY-HI』では、SKY-HIとNovel Coreが目を合わせながらパフォーマンスを展開。その友情の深さと、有言実行ぶりを感じさせる。

「昔は誰も認めてくれないと思っていたときもあった。でも今日ですべてが報われた気がする。あなた達と出会えて本当に嬉しい。命を賭けて俺がお前を応援するぜ!」とオーディエンスに呼びかけ、SKY-HIパートのラストは「To The First」のパフォーマンス。人差し指を立てたSKY-HIにピンスポットがあたり、その姿に大きな拍手が巻き起こる。

その拍手に送られるようにSKY-HIとTHE SUPER FLYERSがステージをあとにすると、明かりの落ちたランウェイにはBE:FIRSTの7人の姿が浮かび上がる。そして曲のラストバース『その炎を燃やせ』という言葉をJUNONが受け継ぎ、BE:FIRSTのライブは『Shining One』で幕をあけ、横一列に並んだメンバーも、高々と人差し指を掲げた。


「もう新人アーティストとは言わせません!新章突入の目撃者になってください!」というRYOKIの言葉から、ヘヴィなビートとRYOKIとSOTAのラップの絡み合いも印象的な『Move On』、JUNONとRYUHEIのアーティストとしての著しい成長を感じる『Betrayal Game』、深みと芯を増したSHUNTOのヴォーカルと、「他人に価値を決きめさせやしないぜ」というLEOのメッセンジャーとしての魅力、そしてそれらを統合させるようなMANATOの伸びやかなフックが響く『Scream』とライブは彩り鮮やかに展開。

「いろんなフェスで披露させていただきましたが、このBMSGフェスで一番盛り上げましょう!」というMANATOの言葉に続いて、UKのプロデューサーであるジョナス・ブルーとのコラボ曲『Don't Wake Me Up feat. BE:FIRST』、そしてライブ初披露の『Message』では再びトレーラーに乗り、感慨深げに会場の観客に視線を合わせながら歌う7人の表情が記憶に残る。

「僕らを信じてください。みなさんがいれば僕らは怖くない。世界は僕らを待っています」というRYUHEIの言葉と、「本当に夢に見たこの場所に、現実にここに立てているのは、一歩踏み出した僕と、導いてくれたファン、そしてスタッフのおかげだと思います」と感謝を口にするJUNON。そして『Grateful Pain』の曲間では、「僕たちじゃなきゃできない挑戦をやっていくので、僕たちについてきてください」と涙を堪えながら話すSHUNTOの言葉に続き、「前が見えない時もあった。でも目の前がまっくらでも僕らは突き進みます」というSOTAの言葉に、会場全体を輝かすようなスマホライトの光で、観客は応える。そして「一人ひとりが主人公である人生が、こうやって共有できるのが本当に嬉しい。BE:FIRST、 BMSGのファンの皆さんの人生に寄り添っていきます。また会う日のために」というLEOの言葉に続いて披露された、ストリーミングは1億再生を突破し、現在のBE:FIRSTの代表楽曲である『Bye-Good-Bye』で、更に会場全体の感情は昂まっていく。

ラストは彼らの原点である正式デビュー曲『Gifted.』。以前の姿よりも確実にビルドアップした、ダンスボーカルグループとしての凄みを見せつけるような圧巻のパフォーマンスで、BE:FIRSTのライブパートは幕を閉じた。

そして再びステージにBMSGメンバー15人が上り、SKY-HI がそれぞれのメンバーの名前を読み上げ、「これが新章突入!」と宣言。この日のライブ終了後にサプライズリリースされた、BMSGメンバーがユニットの壁を超えてコラボを展開するBMSG ALLSTARSとしての新曲『New Chapter』で、この日のライブを締めくくり、楽曲の披露が終わると会場には花火が上がり、この日の成功を祝った。そして会場からの万雷の拍手に送られて、BMSGの15人は手を振りながらステージをあとにした。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)