元アプガ(2)吉川茉優NEWシングル、“雨”を心地良いボーカルでハッピーに表現

音楽 公開日:2022/09/16 1
この記事を
クリップ

今年5月22日の川崎CLUB CITTA'公演をもって約5年間在籍したアップアップガールズ(2)を卒業した吉川茉優


6月27日に配信リリースした『ユメノツヅキ』から本格的にソロアーティストとしてのキャ リアを歩み始めた彼女が、このたび新たな配信シングル『雨音』をリリースする。 


前作『ユメノツヅキ』はアッパーなダンスポップチューンだったが、新曲『甘雨』は雰囲気をがらりとチェ ンジ。エレクトリックピアノの印象的なフレーズとセンチメンタルなメロディが響く、メロウなミディアム チューンとなっている。 作曲編曲は、赤羽をテーマにジャズ、チル、ハウスなどをミックスした楽曲を聴かせる話題の下町シ ティポップバンド、赤羽ニューロマンチカのMitsuoが担当。 歌詞は、これまでのソロ曲と同様に吉川本人が手掛けている。遅く起きた雨の日曜に恋人への想い を巡らせる歌詞を、彼女はキュートな心地いいボーカルで歌っていく。 


雨というワードはネガティブな印象を受けることが多いが、この曲では、想いを馳せる相手と自分を繋ぐハッピーなものとして描かれている。雨が降る中、部屋で一つのプリンを食べながらくだらない話をしているたわいもない時間。土砂降りで一つの傘に入り、お互い雨に濡れてしまうという状況。些細な出来事に深い愛情を感じるという、とてもかわいい恋心が詰まった楽曲といっていいだろう。 季節は、夏から秋へと移っていくタイミング。夏の喧騒が過ぎ去り、少し寂しさを感じる黄昏モードな シーズンでもある。小さな幸福感の大事さを改めて見つめさせてくれるこの『甘雨』が、今の季節の BGMとして聴き手の心にそっと寄り添ってくれるはずだ。 


<Comment from 吉川茉優> 

とある日の何気ない日常を切り取った歌詞と気だるそうに甘ったるく歌うボーカル。 ラップの詞(Lyric)を書くのは初挑戦なので初めはかなり難しく考えてしまったんですが、私がときめく言葉を散りばめて、自分の好きなモノを好きなように置く部屋のようにしてみようと思いつき、私の"好き"を散りばめてみました!

私にとって"雨"というワードは特別で、雨がテーマの曲をいつか作りたいと思っていたのですが、ソロ2作目にして早くも登場です!(笑)

雨の日は憂鬱に感じる事が多いですが、大好きな人と一緒にいたら雨だって楽しく感じられる。特別な日よりも日常に感じる幸せを特別に思ってほしい。 この曲が日常に溶け込んだ時に、その人の憂鬱な1日が少しでもHappyに感じられたら嬉しいです。 

曲中に入ってるセリフにも注目して初挑戦の"チルいゆるいラップ"な『甘雨』ぜひ聴いてください! 


<Comment from Mitsuo(赤羽ニューロマンチカ)作詞> 

このコメントを書くにあたって、今、曲を聴き直している。 GIRLYで、ほどよくポップな感じ。とても良い。 なんと言っても、台詞部分にドキッとしますね。「ねえ、こっち来てよ」って言われたくないですか?僕は言われたいです。 

当初は雨の唄だと思ってはいなかったんですが、吉川さんの優しい歌声と素敵な歌詞で、すっかり雨の唄になりました。こうなるともう、心地よい雨音が響く以外のイメージが浮かばない。僕が思いもしなかったレベルのところに持ち上げてくださったと、感謝しています。彼女にはそういうパワーがありますね。 

歌詞に応じて、後から雨の音を差し込みましたが、正直そんなものは必要ないくらい、はっきりと夏の長雨の景色が目に浮かんでくるようです。 みなさんもどうぞ、甘すぎる雨の世界に浸ってください。 あ、傘をお忘れなく。


※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ