『草彅剛のはっぴょう会』3年間で1曲だけできた歌『みち』披露

音楽 公開日:2022/09/02 9
この記事を
クリップ

草彅剛のはっぴょう会 2~Neo Vintage~』が8月31日、9月1日の2日間にわたって3年ぶりに開催された。



初日は、miwa和田唱TRICERATOPS)、2日目には泉谷しげる田島貴男(Original Love)の豪華なゲストを迎え、ソロパフォーマンスだけでなく、ここでしか見られないコラボレーションのセッションを披露した。


自身の自慢のビンテージギターがずらりと並べられたステージに3年ぶりに登場した草彅は開口一番、「皆さんようこそ!」と元気に挨拶し、「3年で世界は大きく変わっているが、こうしてみんなの前でステージに立てて本当にうれしく思います。」とステージに立てた喜びをかみしめ、さらに「ギターを通してたくさんの人と仲良く交流するというのが(はっぴょう会)のコンセプト。温かく見守ってください」と、語ると満員の観客から温かい拍手が沸き起こった。


彼が最後に届けたのは、「この3年間で1曲だけできた歌」だという『みち』。“僕はまだ道の途中”と飽くなき探究心を表明して3年ぶりの「はっぴょう会」を終え、草彅は深い礼をしてステージをあとにした。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)