FANTASTICS 中島颯太&瀬口黎弥&木村慧人、ちょっぴりホラーな“夏の思い出”明かす

FANTASTICS from EXILE TRIBE の新プロジェクト“FAN FAN PROJECT”の一環となる“FAN FAN三部作”の第1弾シングル『Summer Bike』が8月24日(水)にリリース。サウンドプロデュースに亀田誠治氏を迎え、アートディレクションはクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏。


そこで今回はFANTASTICSボーカルの中島颯太、パフォーマーの瀬口黎弥木村慧人の3人で座談会を開催。新曲についてはもちろん、ファンの方たちにドワンゴジェイピーnewsが独自に募った質問をぶつけてみた。



——最初に『Summer Bike』を聞いたときの印象は?


中島「テンションが上がりました。亀田誠治さんはこれまで、バンドだったりロックな楽曲を手掛けてこられたイメージが強かったので、どんな楽曲に仕上がるのかをすごく期待していたんです。曲を聴いたら、僕たちの思いがすべて込められていて。サビの後半も乗りやすいですし、ファンの方たちと一緒に盛り上がる曲になるなと思いました」

瀬口「本当にファンタらしい爽やかさがありながらもダンスチューンになっていて。バチっとハマった『Drive Me Crazy』のように、相当盛り上がる曲になるだろうなと思いました」

木村「プロジェクト第1弾として『Summer Bike』は、いい意味で期待を裏切るような曲だな、と思いました。僕もすごくテンションが上がりました。パフォーマンスもしやすく、キャッチ―な曲だったので、いろんなシーンで活躍する曲だと思います」


——亀田さんとお話はされたんですか?


中島「はい。“FANTASTICSを知っていくうち、どんどん好きになっていったよ”と言っていただいたんです。“これからFANTASTICSがくるって感じがプンプンします”というありがたいお言葉もいただいて。(八木)勇征くんと2人でお話をさせていただいたんですが、僕らも“うれしいね”って言いあっていたんです。めちゃくちゃ気さくな方で、ユーモアもあって優しくて。僕らの歌もとても褒めていただきました」

瀬口「僕らも話したかったんですけどね」

木村「ホント、そう!直接話せてうらやましいです」


——ジャケット写真はクリエイティブディレクター佐藤可士和さんがアートディレクション。


中島「可士和さんにはキャッチ―なファンタらしいロゴも作っていただいて。これから第3弾まであるので、どうなっていくのかワクワクするプロジェクトだと改めて感じました」

瀬口「昨年、佐藤可士和展に行かせていただいたとき、ご挨拶したのですが、作品へのこだわり、思い、そしてどういうふうに作られていくか、その過程を説明してくださったんです。そういう思いを込めて作ってくださった可士和さんには感謝しかありません。可士和さんがデザインしたバスタオルは今も使い続けています」

中島「僕も可士和さんのTシャツを着させていただいてます」

木村「俺、家に飾ってる!」

中島「そうなんだ(笑)」

木村「『STOP FOR NOTHING』のときも色鮮やかにデザインしてくださって。かっこいいデザインを作ってくださるので、あのロゴを見るたび、頑張ろうって勇気づけられます」


1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 15件)