BE:FIRST、『Scream』撮影の裏側とMVを組み合わせたショートムービー公開

音楽 公開日:2022/08/05 6
この記事を
クリップ

デル・テクノロジーズのプレミアムゲーミングパソコンブランドである「Alienware」と7人組ダンス&ボーカルグループのBE:FIRSTがコラボレーションしたMV『Scream』の公開を記念して、MV撮影の裏側を収めたショートムービーが、ALIENWARE JAPANの公式YouTubeチャンネルにて公開された。



「限界を突破しろ」というブランドコンセプトを基に、制約のない自由なゲーム体験を提供する「Alienware」と、楽曲『Scream』にて“解放”を描いたBE:FIRST。それぞれの根底にある“制約からの解放”というテーマに共通点を見出し、今回の楽曲コラボレーションが実現した。MVではAlienware x17 R2ゲーミングノートパソコンが使用され、パソコン画面の中で7人の“制約からの解放”が描かれている。


MV公開後には「Alienwareと“Scream”のコンセプトがマッチしていて楽曲のメッセージがより伝わってくる!」「自分もゲーマーだからこのコラボは嬉しい!」などSNSでも大きな反響が。MVはYouTube人気急上昇の音楽#1 を獲得し、公開後10日で500万再生を突破。コメント欄には国内のみならず海外の視聴者からも絶賛のコメントが寄せられ、いまだその勢いは止まらない。


今回、MVの発表に追随する形で、撮影の裏側とMVを組み合わせたショートムービーがALIENWARE JAPANの公式YouTubeチャンネルにて公開された。BE:FIRSTメンバーの真剣な表情からリラックスした表情まで、撮影現場の熱量が伝わる映像となっている。MVのラストに登場し、メンバーが踊るパソコンのディスプレイを見つめる謎の人物に関して、ファンの間でも様々な推察で盛り上がっていたが、今回の映像でその正体も明らかに。MVとあわせて楽しめる特別なショートムービーとなっている。


▼ショートムービー




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ