THE RAMPAGE『THE POWER』MVが解禁 グループ史上最もハードなサビ振付など注目

音楽 公開日:2022/08/02 3
この記事を
クリップ

16人組ダンス&ボーカルグループTHE RAMPAGE from EXILE TRIBE。9月7日発売のシングル『THE POWER』MVの『HiGH&LOW THE WORST X 』が本日公開となった。



『THE POWER』は力強いベースラインとシャープなシンセで<HiGH&LOW>の世界を表現したスタイリッシュなダンスポップ。“すべてをチカラにかえていく”という覚悟を載せた、パワフルかつエネルギーに満ち溢れたTHE RAMPAGEの真骨頂といえる一曲となっている。


本日解禁となった映像は『THE POWER』MVと、ボーカルの川村壱馬が主演を務める映画の映像を掛け合わせた『HiGH&LOW THE WORST X』バージョン。MVは「HIGH」と「LOW」2つの世界のX(交錯)がコンセプト。HIGHをイメージした赤と、LOWをイメージした青のライティングが印象的な空間に、象徴的にXの階段を配した、HIGH&LOWの世界感やディティールを存分に感じられる空間で迫力あるパフォーマンスを展開している。

【関連】『HiGH&LOW THE WORST X』THE RAMPAGEら担当する注目の劇中楽曲解禁


映画のタイトルにもある「X」を象徴するように、ライティング・レーザー・セットなど散りばめられた文字等で、Xのイメージが数多く登場。所々に「X」を配した高低差のあるセットに加え、上下反転する激しいカメラワークや赤と青で切り替わる照明等もポイントだ。


今回3人のメンバーが振り付けを行い、特徴的なサビ部分の振付はメンバーの藤原樹が担当。キック・パンチ・ガード等のアクションを取り入れた攻撃的なアクションを取り入れたTHE RAMPAGE史上最もハードなサビ振付が完成した。


長谷川慎が担当した1番メロは、サビの大振りを活かすために細かいトリッキーな振りを制作。MV内の上下の世界が入れ替わるようなギミックにあわせて、フロアで踊るダンスを入れたりするなど、上下の切り替えを意識した振付になった。


2番はすべてが振付を担当。クロスを意識しながら、見るものの闘争心を掻き立てる様な、映画に併せワイルドな振付を行った。映画の世界観を力強く表現した圧倒的迫力のある映像に注目だ。


▼THE RAMPAGE / THE POWER (HiGH&LOW THE WORST X ver.)




■『THE POWER』
9月7日発売
【CD+DVD / MUSIC VIDEO盤】RZCD-77602/B \2,500(税込)/¥2,273(税抜)
【CD+DVD / LIVE盤】RZCD-77603/B ¥2,500(税込)/¥2,273(税抜)
【CD ONLY】RZCD-77604 ¥1,300(税込)/¥1,182(税抜)


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)