20th Centuryの新曲『風に預けて』配信スタート、今のトニセンの姿を表すようなグルーヴ感

音楽 公開日:2022/08/02 7
この記事を
クリップ

20th Centuryがスカパー!を通じて4月から動画配信サービス「SPOOX(スプークス)」で配信、CSチャンネル「フジテレビTWO」で放送しているレギュラー番組『トニセンロード~とりあえず行ってみよ~』(金曜午後11時30分)のテーマソング『風に預けて』が本日から配信がスタートした。



配信第2弾となる『風に預けて』は、はっぴいえんどやシュガーベイブなどの音楽から影響を受け、「ネオ風街系」と称され注目を集めている新進気鋭のバンド「グソクムズ」楽曲提供による1曲。


自分のペースで自分らしく楽しんでいこうという、今のトニセンの姿を表すようなグルーヴ感が心地よい仕上がりの楽曲になっている。前作から2か月で新曲をリリース、Twitterを開設と精力的に活動を続けるトニセンに注目だ。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)