[Alexandros] 「これ撮影何日かかったんだ…」斬新な『六本木クラス』主題歌MVが話題

音楽 公開日:2022/07/15 3
この記事を
クリップ

テレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』主題歌で、7月13日に発売された[Alexandros]のニューアル『But wait. Cats?』に収録されている『Baby‘s Alright』のMVが斬新だと話題になっている。




MVはモノトーン調で、全員がブラックスーツに身を包んで登場する。映像は定点カメラで撮影されていて、5×5のマスそれぞれに、[Alexandros]のメンバーが明滅して現れる形になっている。そしてこの5×5のそれぞれのマスは、メンバー自身が奏でる各々の音を表現している。ギターのコード、キックやスネアなどのドラム、ボーカル、コーラスと、音が鳴らしたり声を出したりするに度に、それに対応したマスにメンバーが現れる。極めて斬新なMVとなっているが、音楽経験者にとってはすぐにピンとくる映像かもしれない。

このMVがアルバム発売日に解禁されると、「まるでチェスみたい、何テイクしたらこのMVは完成するんだろう...これまでとまた違った趣向、ベクトルの映像、、、これだから[Alexandros]はかっこよすぎるんです!!!!」「元々譜面が読めないから完全理解できた訳ではないけど4人が(立ち位置によって)自ら音楽を体現していて、このバンドの信念や熱意のようなものが伝わった。[Alexandros]、この映像に関わったクリエイターの方々、かっけえよ」「これ撮影何日かかったんだ。。。。それか最新の技術で出来る何かあるのか。。」など驚きと称賛のコメントが相次いだ。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)