すぅ、SILENT SIREN再始動の条件は「胸を張って“ただいま”と言える時」

音楽 公開日:2022/07/02 8
この記事を
クリップ

2021年末のラストライブを最後に、現在活動休止中であるSILENT SIRENのVo./Gt.すぅ(吉田菫)が、“アニソン界の永遠の大型新人”こと鈴木雅之とのデュエット曲『GIRI GIRI』で話題を呼んでいる。


これまでバンドを離れての活動はしてこなかったというすぅだが、同じくバンド出身の鈴木とのコラボを通じて多くの刺激を受けた。すぅ個人としての今後、SILENT SIRENの今後について、今の思いを聞いた。


■鈴木雅之との共演「不安とプレッシャーと嬉しさとありがたさ」

──まずは今回の鈴木雅之さんとのデュエットが決まった時の心境をお聞かせてください。

去年の12月くらいにお話をいただいたんですが、ちょうどその頃、SILENT SIRENの活動休止前のライブを12月30日に控えていたので、結構バタバタしていたんです。次のことを考えなきゃいけないフェーズだったし、しかも鈴木さんというレジェンド。両親が鈴木さんをすごく好きで、私も小さい頃から聴いて育っていたので、嬉しい気持ちと共に、プレッシャーもあって。さらにアニメ『かぐや様は告らせたい-ウルトラロマンティック-』の主題歌。私はアニメもすごく大好きで、アニメファンの方の気持ちもわかるから、不安とプレッシャーと嬉しさとありがたさが入り混じって、すぐにやりますというお返事はできなかったんです。


──お返事に悩まれたんですね。

ギリギリまで悩みました。その上で、自分の経験値も上げたいと思ったし、ファンの方からも「どんな形であっても音楽活動しているすぅを楽しみにしています」という声もあったし、色々なことを踏まえて「トライしてみようかな」と思いました。


──活動休止後の音楽活動としては今回が初になるのでしょうか。

詞の提供とかはしていたんですが、自分がステージに立つという意味では初めてでした。

■「ソロ活動は避けてきた」

──SILENT SIRENが活動を休止されて、1人で活動することへの思いはどういったものだったんですか?

活動休止中は「今までできなかったことをしてみよう」とか「もっと音楽の制作側に回ってみたい」という気持ちがすごく大きくて、私がソロとして表に出ることはあまり想像していませんでした。

SILENT SIRENは私の中でも絶対的な4人だったし、ファンの方にとってもそれが一番の理想の形ということを知っていたからこそ、今までもソロ活動は避けてきた部分もあったんです。だから鈴木さんと一緒にお仕事ができるのはすごく素晴らしいことだし、「かぐや様は告らせたい」という皆に愛されているアニメに携われることもすごいことなんですが、バンドもメンバーもいない状況でデュエットという形でステージに立つことは、「ファンの方は“バンドじゃない私”を受け入れてくれるのか」という不安もありました。


──実際にバンド以外の活動をしてみて、いかがでしたか?

不安はありましたが、予想以上にみんなが喜んで応援してくれたので、飛び込んでみてよかったと思えました。鈴木さんもバンドマンだったので「バンドマンがソロとしてステージに立つことの大変さはよく知っているから、こっちでサポートできるようにするね」と言ってくださったんです。「期待に応えたい」と思ったし、こんなに不安がってちゃダメだなとすごく思いました。


──すぅさんの境遇は、鈴木さんも共感するところがあったんですね。

鈴木さんの言葉は心強かったです。今回のプロジェクトが、私の今後へと繋がる経験になったらいいねと言ってくださったので、私も今回デュエットさせていただいたことを経験だけで終わらせないように、今後に繋げていけたらいいなと思っています。


──すぅさんから見た鈴木さんはどんな方でしたか?

本当に優しいし、かっこいいし、紳士。バンドマン、アーティストとしても尊敬できるし、人としてもめちゃめちゃ尊敬できる方だなと思いました。長く愛されていて、今でも「THE FIRST TAKE」に出たりと最前線で活躍されていますよね。“アニソン界の永遠の大型新人”というほどの活動ができるのは、鈴木さんだからなんだなと改めて感じました。


「生でパフォーマンスする鈴木さんは超かっこいい」

──レコーディングはいかがでしたか。

最初に鈴木さんがレコーディングをしていて、それを後から聴きながら、ニュアンスを合わせに行く感じでレコーディングしました。


──鈴木さんと一緒にレコーディングをしたわけではないんですね。

そうです。出来上がりは一緒に聴いたんですが、そこが初対面だったんです。


──その後「THE FIRST TAKE」や歌番組などで一緒に歌っていらっしゃいましたが、実際に並んで歌ってみた印象はどういったものですか。

全然違いますね。会わずにレコーディングしたCDもめっちゃいいんですけど、やっぱり生でパフォーマンスする鈴木さんは超かっこいい。私のことを気にして合わせてくれたりもするので、安心しながら歌えます。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 17件)