ファンモン ニューシングルジャケット写真、NMB48渋谷凪咲に「夢みたいです」

音楽 公開日:2022/06/02 9
この記事を
クリップ

昨年、3月に再始動したFUNKY MONKEY BΛBY'Sが6月29日に発売するニューシングル『ROUTE 16』(ルートジュウロク)」のジャケット写真にNMB48 渋谷凪咲が起用されることが決定した。現役トップアイドルが、他アーティストのジャケット写真を飾るというのもファンモンの顔ジャケシリーズならではのウルトラCであろう。

 

ニューシングル『ROUTE 16』は日々駆け回りあっという間に時間が過ぎていく中で、過去の楽しい夏の思い出を振り返り、あの頃の友情や心情を再確認しつつ、再会を楽しみにする情景が描かれた、夏を彩る楽曲。5月11、12日に東京・中野サンプラザで開催された再始動後初の全国ツアー「YELL JAPAN」のファイナル公演で初披露され、大きな反響を呼んでいる。

 

そして、FUNKY MONKEY BΛBY'Sのジャケット写真といえば、前作『エール』での千鳥・大悟をはじめ、そのまんま東、戸田恵梨香、田中将大、羽鳥慎一、明石家さんまなど、お笑い芸人、女優、アナウンサー、スポーツ選手と、各界の様々な著名人を起用する通称“顔ジャケ”が、ファンモンの代名詞ともなっており、毎回誰が起用されるのかと注目が集まっている。

 

そんな中で、ニューシングル『ROUTE 16』のジャケット写真への起用が決定した渋谷凪咲は、2月23日にNMB48がリリースした26thシングル『恋と愛のその間には』の劇場盤でファンモンの顔ジャケをオマージュしたジャケット写真を披露しているが、今回、本家の顔ジャケへの出演決定に、「ファンキーモンキーベイビーズさんのあのジャケットって唯一無二じゃないですか。あれにまさか自分が載せて頂ける日が来るなんて想像もしていなかったので、夢みたいです。」と喜びのコメント。さらに「最初は緊張していたんですけど、(ファンモンのジャケット写真は)自然なその人の人間味を1枚の写真で感じるのが凄く素敵やなと思っていたので、自然体を出せたら良いなと思って気負わずに出来ました。」とジャケット撮影の感想もコメントした。

 

完成したジャケット写真は、楽曲のテーマに合わせて、初回限定盤は“思い出の中の過去の自分”、通常盤は“現在の自分”を見事に表現しており、楽曲に彩りを加えている。もちろんニューシングル『ROUTE 16』のミュージックビデオへの出演も決定しており、友情をテーマにした夏ソングで、過去と現在の主人公役で渋谷凪咲が、どんな表情の変化を見せてくれるのかも楽しみにしたい。

 

<渋谷凪咲コメント>

ファンキーモンキーベイビーズさんのあのジャケットって唯一無二じゃないですか。

あれにまさか自分が載せて頂ける日が来るなんて想像もしていなかったので、夢みたいです。

 最初は緊張していたんですけど、(ファンモンのジャケット写真は)自然なその人の人間味を1枚の写真で感じるのが凄く素敵やなと思っていたので、自然体を出せたら良いなと思って気負わずに出来ました。

素敵な作品に仕上がったら嬉しいです。

 

<FUNKY MONKEY BΛBY’Sコメント>

今回、夏の思い出がテーマとなった新曲『ROUTE 16』。夏らしくキラキラしたシーンが似合う人をみんなで考えていた時に、渋谷さんの周囲を照らすような明るい笑顔がイメージにぴったりハマりました。

 そして以前、NMB48の劇場盤CDでファンモンの顔ジャケをオマージュしてくれたことがありましたが、今度は逆に本家の顔ジャケに出演という流れも面白いと思い、オファーさせて頂いたら快く引き受けて下さいました。

 いつもの渋谷さんらしい笑顔と、普段テレビ等ではあまり見ることのない少し切なげな表情。どちらもとても素敵なジャケット写真になりました。ここからどんなミュージックビデオが生まれるのか、想像しながら楽しんでもらえればと思います。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)