佐藤大樹が懇願、GENERATIONSサポメン6人が再集結しパフォーマンス

音楽 公開日:2022/05/23 6
この記事を
クリップ

LDHの動画配信サービス「CL」で3月よりスタートしたダンスカバー企画「THE FLOOR 〜Special CoverPerformance〜」の第4弾が5月末に配信開始されることが発表された。


「THE FLOOR 〜Special Cover Performance〜」は、LDH所属のパフォーマーがグループの垣根を越えて、本気のダンスカバーをファンの皆様にお届けする新企画。出演するパフォーマーの想い入れが強い楽曲をダンスカバーし、本気のパフォーマンスを通じて新たな感動が生まれる瞬間をお届けする。




5月末に公開予定の動画では、2011年にGENERATIONSのサポートメンバーを務めていた中務裕太佐藤大樹岩谷翔吾浦川翔平藤原樹長谷川慎によるコラボレーションで、GENERATIONSデビュー当時の楽曲『今、風になって』のダンスカバーを披露。2012年に中務裕太が正式メンバーとしてGENERATIONSに加入した後は、6名でパフォーマンスをする機会がなかったが、今回「THE FLOOR 〜Special Cover Performance〜」の企画を機に再集結となった。番組内では、そんな旧知の仲であるメンバー同士のリハーサル風景も、ドキュメンタリーとしてお届け。


また、パフォーマンス終了後に行われた6名の対談では、過去にGENERATIONSとしてデビューする中務に対し、他のメンバーが舞台裏で寄せ書きを書きながら涙したというエピソードも語られている。パフォーマンスや、メンバー同士のやり取りから滲み出る「絆」に注目だ。


「CL」では、引き続きパフォーマーによるここでしか見られないダンスカバー企画を順次配信予定。ぜひ、この機会に「CL」をチェックしたい。


佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS

僕がこの6人でどうしてもやりたいと懇願しました。「サポメン」と呼ばれていた昔のGENERATIONSのサポートメンバーでは、その後5人では集まることがあったものの、(中務)裕太くんを入れて何かやることがなく、せっかくCLの「THE FLOOR」という企画があるのでGENERATIONSの曲をやりたいということで実現しました。


中務裕太(GENERATIONS)

(この話を聞いた時は)嬉しかったですね。GENERATIONSはLIVE×ONLINEで「今、風になって」をリアレンジして歌ったので、それをまた昔のバージョンで踊れるのがエモいですね。僕が抜けてから6人ではなかなか踊る機会がなかったのですが、これを機に別の企画でも踊りたいくらい、踊ってみて楽しかったです。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)