『iCON Z』 EXILE TRIBEが武道館に集結、ファイナリストとのコラボステージにファン熱狂

音楽 公開日:2022/05/22 20
この記事を
クリップ

2021年7月にスタートし、総エントリー数4万8000人となった、LDH史上最大規模のオーディション『iCON Z 2022 ~Dreams For Children~ 』。いよいよ男性部門も5月21日(土)、日本武道館でのパフォーマンスが最終審査となる。

ボーカル、ラップ、ダンスのジャンルから、Z世代のスターを発掘するためLDH JAPANが仕掛けるこのオーディション。4次審査を勝ち残った19名が、個人審査に加え、CROONERZ(クルーナーズ)、LIL LEAGUE(リルリーグ)、KIDMATIC(キッドマティック)の3グループに分かれ最終パフォーマンスを披露。


会場では、EXILEをはじめGENERATIONSTHE RAMPAGEFANTASTICSBALLISTIK BOYZ、7月にデビューが決定したPSYCHIC FEVERら『EXILE TRIBE』も最終パフォーマンスに参戦、3グループとのコラボレーションで大いに沸きあがった。そんな熱く激しいパフォーマンス合戦となった最終オーディション『iCON Z 2022 ~Dreams For Children~ 』で“EXILE流”な夢を勝ち取ったのは…、LIL LEAGUE(リルリーグ)6名。各々が涙で言葉を詰まらせながらのコメントには、会場全体から惜しみない拍手が贈られた。



オープニングアクトDREAM SPARKに登場となったのは、7月にデビューが決定したPSYCHIC FEVER。『Hot line』、初披露の新曲『Choose One』と2曲で会場を温める。温まった会場を熱狂の渦に変えたのは、メタリックシルバーの衣装でレーザーを浴びるEXILE。アップテンポなナンバー『NEO UNIVERSE』、続けざまに「24WORLD」というアゲアゲのスタートを飾ると、感謝の気持ちが込められた新曲『BE THE ONE』を壮大に歌い上げ喝さいをさらった。


そしてEXILE AKIRAEXILE SHOKICHIが人生をかけたステージの開幕を宣言すると、いよいよ「運命の鐘」が鳴り、3グループのパフォーマンスパートがスタート。トップバッターを飾るのは、「LIL LEAGUE」だ。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 17件)