SKY-HI、DREAMS COME TRUEら「日比谷音楽祭2022」第一弾出演アーティスト8組解禁

音楽 公開日:2022/02/09 6
この記事を
クリップ

2022年6月4日(土)・5日(日)の2日間にわたり、日比谷公園とその周辺施設にて開催される「日比谷音楽祭2022」の第一弾出演アーティストが発表となった。



日比谷音楽祭は、日本の野外コンサートの歴史をつくってきた音楽の聖地「野音」を擁する日比谷公園で、素晴らしい音楽を体験できる、親子孫3世代、誰もに開かれたフリー(無料)の音楽イベント。


2019年に音楽プロデューサー亀田誠治を実行委員長として初開催、2日間で10万人を超える来場者に音楽を届けた。ライブだけでなく、楽器体験やワークショップ、トークイベントなどを実施して「自分自身の音楽の楽しみ方」を見つける機会を創出している。新型コロナウイルス感染拡大の影響から2020年は開催中止。2021年は無観客のオンライン生配信による開催となり、2日間で視聴者延べ約15万人、総再生回数51万7000回という大きな反響があった。2022年は日比谷公園での有観客開催に加え、オンラインによる生配信も目指している。

▼前回についてはこちら


今回出演が発表されたアーティストは8組。シシド・カフカが主宰する「el tempo(エル・テンポ)」、矢野顕子と三味線プレイヤー・上妻宏光のユニット「やのとあがつま」、一昨年結成20周年を迎え、『My Way』がTHE FIRST TAKEで話題沸騰中の「Def Tech」といった初出場組に加え、“世界TOP500ドラマー”に史上最年少で選出された「YOYOKA」、自らのアーティスト活動だけでなく音楽プロデューサーとしても注目を集める「SKY-HI」、さらには、昨年出演が叶わなかった「DREAMS COME TRUE」と「新妻聖子」らが登場。


また、日比谷音楽祭のために結成されるスペシャルバンド「The Music Park Orchestra」が、今年も豪華ミュージシャンたちと共演する。

【画像】The Music Park Orchestra メンバーを見る



日比谷音楽祭は、人々がより自由に多様な音楽と出会うため、参加費を無料とし、その運営費を協賛金・クラウドファンディング・助成金でまかなっている。3月にはクラウドファンディングのスタートを予定しているほか、今後も出演アーティストやワークショップなどのコンテンツ情報を随時発表していく。ステージに立つアーティストや、それを楽しむ観客、誰もが屈託なくライブを楽しめるように感染防止対策を徹底しながら、親子孫3世代、誰もに笑顔と元気を与えてくれる音楽の力を、日比谷の空の下、そして配信を通じてより多くの人と共有したい。そして、これまでの枠を超えて「新しい音楽の循環」を“みんなで”つくり、音楽文化を育んでいきたい。そのきっかけとなるよう、誰もが音楽と触れ合い、音楽と出会える機会の創出を目指す。


【亀田誠治コメント】
みなさん日比谷音楽祭2022の第一弾アーティストを発表しました。今年も日比谷音楽祭らしいジャンルや世代を超えた多様なアーティストが集まってくれました。今、まさに各アーティストとセットリストやコラボについても話し合いを始めているのですが、アーティストからも「こんなコラボやりたい!」「今だからこそこんな曲をやりたい!」など、バンバンアイディアが出てきていて、本番の6月4日、5日にはとびきりの音楽をみなさんに感じてもらえると確信しています。新型コロナの感染状況も日々刻々と変化し、まさに3歩進んで2歩下がる、そんな毎日が続きますが、日比谷音楽祭は状況をしっかりとみながら、みなさんに最高の音楽体験を届けるために、ワクワクしながら丁寧に日々準備を進めています。音楽は光になってみんなの心をつなぎます。だから、みなさんとにかくお元気で!そしてこれからWEBやSNS、YouTubeなどで続々と情報を発表していきますので、どうぞお楽しみに!


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 21件)