優河、ドラマ『妻、小学生になる。』主題歌の配信リリースが決定

音楽 公開日:2022/01/21 13
この記事を
クリップ

聴くものの心を震わせる唯一無二の歌声と、紡ぎ出す心象と心情の描写で織りなす世界観が高い評価を得るシンガーソングライター優河が、TBS系 金曜ドラマ『妻、小学生になる。』主題歌として書き下ろした楽曲『灯火』を、1月26日(水)にデジタルシングルとして配信リリースする。


優河の歌声を偶然聴いたドラマプロデューサーからのラブコールによって実現した本ドラマ主題歌。

【関連】堤真一主演『妻、小学生になる。』ちょっと変わった心温まる新ドラマ いよいよスタート



誰しもひとりではなく、心に寄り添ってくれる大切な誰かの想いと共に生きている、そんな想いを丁寧に練り上げたアンサンブルに乗せて歌う、海のように大きくて優しいバラードだ。

<優河によるセルフライナーノーツ>

大切なひとを想うとき、そのひとが与えてくれた愛情、まなざし、言葉や時間がひとつのおおきな海になって、私を優しく包み込む。このままずっとその温かさに浸っていたいと思う。明日会えるひと、昨日会ったひと、いつかまた会えるひと、もう会えないひと。私たちはその誰かに与えられたおおきな海を泳いでいて、その海が消えて無くなることはないのだと思う。ひとつ一つ、全てを思い出せなくてもそのおおきな海は私たちの肌に染み込んでいて、こころに灯りを添えてくれている。そして私たちはその灯りを頼りに明日を見つけ、生き進んでいく。灯火を受け渡していくように。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)