adieu(上白石萌歌)、早くも別の新曲を1月19日に配信リリース決定

音楽 公開日:2022/01/17 4
この記事を
クリップ

新曲『穴空きの空』を、2022年3月2日(水)に発売することが決定したばかりのadieuが、早くも別の新曲を1月19日に配信リリースすることが発表された。

【関連】adieu(上白石萌歌) 新曲、TVアニメ『半妖の夜叉姫』弐の章1月クールED曲に決定



楽曲のタイトルは『灯台より』。シンガーソングライター柴田聡子による作詞・作曲。編曲はYaffle。


『灯台より』は、2人の登場人物がそれぞれに向き合ったり自分のことだけを考えてみたりしながら、ぎりぎりあと1歩でなにかを踏み外してしまいそうな感情、心の中の情景が次々に繋がり方もわからないまま繋がっていく愛らしさと抑えきれない熱っぽさのような心象風景を描いており、そこに様々なメロディー、リズムがadieuのヴォーカルと渾然一体となった聴き応えの強い作品だ。

そして、その『灯台より』が、本日放送のTOKYO FM/JFN系38局フルネットのラジオ番組[SCHOOL OF LOCK!]にていち早くオンエアされる。

<柴田聡子コメント>

adieuさんの柔らかく穏やかに感じられる歌声や人柄の内に光る、ばちばちっと火花の散るような瞬間、びくともしない意思や考えのようなもの、たしかにある若さ、そして「海」の景色をふと感じたので、それを私なりの道筋で束ねていってみたのが『灯台より』という曲です。
adieuさんが歌う、という強い軸があってくれたので出てきた言葉とメロディーだと思います。誰かに歌って頂く曲を書いていく時に、これほど頼もしいことはありません。ありがとうございました!これからもadieuさんの歌がたくさん聴けますように!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)