浜崎あゆみ、”聖地”代々木で2年ぶりとなるカウントダウン・ライヴ開催

音楽 公開日:2022/01/01 19
この記事を
クリップ

浜崎あゆみが12月31日、国立代々木競技場第一体育館にてカウントダウン・ライヴ「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2021-2022 A ~23rd Monster~」を開催した。


昨年開催予定だったカウントダウン・ライヴはコロナの影響でやむなく中止になったこともあり、公演を待ちわびていたファンはもちろん浜崎自身にとっても2年越しの念願が叶い、ようやく実施できた本公演。


演者、セットリスト共にこの日限りの特別仕様となっており、ダンサー、パフォーマー、クワイヤーに加え、ストリングスや日本を代表する和太鼓チーム”梵天”も参加。大胆に和アレンジされた『Rule』や『evolution』などのヒット曲をはじめ、『Depend on you』『SIGNAL』『LOVE ~Destiny~』などのデビュー初期の曲から『Secret』『RAINBOW』『theme of a-nation ’03』と、普段ライヴではなかなか歌唱してこなかったレア曲、そして『春よ、来い』『23rd Monster』といった最新曲まで、珠玉の名曲達を続々と披露。


本編フィナーレで歌われた『how beautiful you are』では、この曲のMusic Videoにも出演していたキャストが登場。様々な境遇に置かれるマイノリティの人々をステージに上げ、多様性を表現する様は浜崎あゆみにしかできない演出もあり、終演後には「セトリかなり神すぎた!!」「メッセージ性のあるものばかりで涙腺緩みっぱなしだった」「これぞayuっていうライヴだったな」といった声がSNSにてあふれていた。


そして終演直前にはASIA TOURの新たな追加公演としてデビュー24周年を記念したアニバーサリーライヴが4月6日に開催されることもサプライズで発表。


なお、今回のカウントダウン・ライヴの模様は1月24日~31日までの間、dTVにて見逃し配信されるため、浜崎あゆみの真骨頂ともいえる最高のエンタテインメント・ショウを是非その目で確かめてみて欲しい。


2022年も止まることなく走り続け、唯一無二の感動を与えてくれる彼女からますます目が離せない。



撮影:田中聖太郎  

撮影:渡邊玲奈(田中聖太郎写真事務所)<本文中中写真>

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ