Da-iCE、結成10周年の節目に『第63回 輝く!日本レコード大賞』大賞を受賞

音楽 公開日:2021/12/31 12
この記事を
クリップ

今、最も注目されている5人組男性アーティスト Da-iCE


2021年12月30日17時30分~TBS系列にてオンエアされた『第63回 輝く!日本レコード大賞』にて自身最大のヒット曲である『CITRUS』を生披露。


4オクターブの音域を誇るハイトーンの持ち主である大野雄大花村想太と、パフォーマーである工藤大輝岩岡徹和田颯が織りなす完成度の高いパフォーマンスで視聴者を大いに魅了し、自身初となる「日本レコード大賞」受賞という快挙を成し遂げた。


昨年11月にリリースされた『CITRUS』は大人気ドラマの主題歌として注目を集め、今年4月に大人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で歌唱すると、その圧倒的な歌唱力が注目され、日本人男性ダンス&ボーカルグループとして初の快挙であるストリーミング累計1億回再生を突破。


1年を通し話題を提供し続け、自身の活動としてもコロナ禍でありながら自身初となる6都市16公演で行われたアリーナツアーを成功させたことなどが高く評価される形となった。


2021年を最高の形で締めくくったDa-iCE、来年以降さらにどんな話題を提供してくれるのか、今後の活動にも注目したい。


©TBS

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)