DISH//、10周年記念ライブ初日にマカロニえんぴつ はっとりがサプライズ登場

音楽 公開日:2021/12/17 9
この記事を
クリップ

今年12月25日に結成10周年を迎える4人組ロックバンドのDISH//が、12月16日〜18日(土)にかけて、神奈川県・パシフィコ横浜 国立大ホールにて3DAYSライブ『DISH// 10th Anniversary Live』を開催。1日目となる12月16日の公演には、シークレットゲストとして、『僕らが強く。』や『沈丁花』でタッグを組んだはっとりマカロニえんぴつ)が10周年のお祝いに駆けつけ、満員の“//er”(スラッシャー/ファンの呼称)を驚かせ、会場には祝福と歓喜の拍手が沸き起こった。


10周年イヤーの幕開けとなる3DAYSライブの初日公演は、北村がはっとり(マカロニえんぴつ)と共作し、YouTubeでの視聴回数が公開からわずか1ヶ月で1千万回を超えた『沈丁花』などの最新曲を中心に、初期の懐かしいナンバーもタフなバンドグルーヴで再構築。まさに10年の歩みとバンドとしての成長を感じさせるセットリストとなっていた。また、中盤では、メンバーの仲の良い雰囲気や和やかな空気感が伝わってくるトークを展開。北村は10年前を振り返り、「青森のショッピングモールで3人のお客さんの前でライブをやったことがあるな〜」と明かし、「それでも毎日、笑ってたし、楽しかったんです。その日々は青春だったし、それが今も続いています」と続け、「DISH//は本当にすごいチームだなと思います」と胸を張った。


アンコールでは、サプライズゲストとして、DISH//と『僕らが強く。』と『沈丁花』の2曲でタッグを組んだマカロニえんぴつのはっとりが登場し、『僕らが強く。』で北村とはっとりのデュエットが実現。プライベートでも親交のある二人は、熱くほとばしるようなエモーションをぶつけ合い、エネルギーに満ち溢れたパフォーマンスを披露。コロナ禍で多くの人が抱えていた孤独や葛藤を代弁し、笑い合っていたいと心から願うメッセージソングを満員の観客に届けた。


歌い終えたはっとりは「いや、いい曲!」と自画自賛したあとで、「DISH//、10周年おめでとうございます」とお祝いを述べると、北村は「レコ大新人賞おめでとうございます」と返答。さらに、はっとりが「ライブ、見てたけど、めちゃめちゃロックバンドだね。観ながら熱くなっちゃった」と感想を伝えると、北村は「マカえん(マカロニえんぴつ)は、かっこいいバンドの先輩として、そして今、同世代のバンドとして一緒に歩めていて、一緒に音楽を世に中に発信できている。今の音楽業界を共に生きる仲間として、心強いです」と語ると、はっとりは「全く同じ気持ちです」と即答。「めちゃくちゃカッコいいライブをやるバンドが真っ当に紅白に出れるわけだから。俺らも来年呼ばれるように頑張ります」と“同じロックバンド”としてエールを交換した。


なお、本公演は同箇所で12月17日(金)、12月18日(土)も開催され、3日目の模様はスカパーの「テレ朝チャンネル1」にて独占生放送される。また、12月25日(土)には大阪城ホールにて、10th Anniversary Special Live 「超特急×DISH//」を開催予定。12月31日(金)には初の紅白歌合戦出場も控えている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)