黒羽麻璃央、有澤樟太郎は「野球好き俳優として一番信頼」 きっかけは『刀剣乱舞』稽古時代

音楽 公開日:2021/12/10 38
この記事を
クリップ

野球をこよなく愛する俳優が総勢37名集って誕生した『ACTORS☆LEAGUE』。その仕掛人は、俳優であり所属事務所の取締役でもある黒羽麻璃央。『ACTORS☆LEAGUE』の企画・プロデュースを担い、さらには野球チーム『BLACK WINGS』を率いるキャプテンでもある。今夏に野球の聖地・東京ドームで行われた立ち上げイベントも大盛況に終わり、12月15日にはテーマソングなどが収録されたメジャーデビューEP『ACTORS☆LEAGUE 2021』が発売される。「エンターテインメントの垣根を超えて戦いたい」。そう宣言する黒羽が『ACTORS☆LEAGUE』の未来を語りつくす。


コロナ禍という状況にあっても、次の世代を担う若い俳優たちが輝ける場所でライブエンターテイメントの魅力を発信してきたい。そんな黒羽の想いに城田優山崎育三郎尾上松也和田琢磨和田雅成らが賛同。黒羽麻璃央がキャプテンを務めるBLACK WINGSと和田琢磨がキャプテンを務めるDIAMOND BEARSを擁する『ACTORS☆LEAGUE』が誕生した。


BLACK WINGSのチームメンバーは、阿部顕嵐有澤樟太郎井阪郁巳岡宮来夢小西詠斗近藤頌利笹森裕貴章平田中涼星西川俊介橋本祥平平野宏周廣野凌大松田凌八木将康。DIAMOND BEARSのチームメンバーは石橋弘毅、岩瀬恒輝、上田堪大、上田悠介、大見拓土北川尚弥北園涼小南光司椎名鯛造高野洸鳥越裕貴松井勇歩結城伽寿也横山真史


黒羽は「東京ドームで野球をすることは夢ではありましたが、まさか実際に野球ができるとは思わず…。東京ドームでピッチャーとして自分が球を投げる姿なんて想像すらできなかった」と振り返る。ピッチャーとしてマウンドに立った時には『ACTORS☆LEAGUE』実現までの苦労や思い出が走馬灯のように頭を駆け巡ったそうで「緊張からなのか、力みからなのか、第一球はいまだかつてないくらいの大暴投。『ACTORS☆LEAGUE』にかける思いのすべて放出されたんだと思います」と笑う。


それから約半年。メジャーデビューEP『ACTORS☆LEAGUE 2021』で再び感動が蘇る。BLACK WINGSのチームソングとして収録される「- B.W. Anthem -」にはキャプテン黒羽をはじめ、笹森裕貴、田中涼星、廣野凌大が選抜歌唱メンバーとして参加。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 41件)