Ado『会いたくて』ピアノと弦楽器だけで構成された荘厳なアレンジVer.リリース

音楽 公開日:2021/09/29 8
この記事を
クリップ

『オリコン上半期ランキング2021』にて、アーティスト別セールス部門「新人ランキング」1位(ソロアーティスト史上初の受賞)に輝き、いま最も注目を集める新世代のアーティスト、Ado。


2020年10月にリリースしたメジャーデビュー曲『うっせぇわ』は、ミュージックビデオ&ストリーミング累計再生回数が合わせて3.5億を突破し、社会現象となっている。2月にリリースした『ギラギラ』、そして4月に配信した『踊』がそれぞれストリーミング総再生回数1億回を突破し、10代ソロシンガー初となるストリーミング累計「1億回」再生楽曲3曲を保持しているアーティストとなった。また、『夜のピエロ』や『会いたくて』も続々とチャートインを果たしヒットしている。Adoが『会いたくて(Piano & Strings Ver.)』を9月30日に配信リリースが決定した。


8月にリリースされた『会いたくて』は映画『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ファイナル』の挿入歌。ピアノと弦楽器だけで構成された荘厳なアレンジはAdoのボーカルが際立ち、人々の涙を誘う1曲に仕上がっている。なお、9月30日(木)20時からはMVプレミア公開も予定しているのでこちらも見逃さないで欲しい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ