Da-iCE 日本人男性ダンス&ボーカルグループ初の快挙『CITRUS』サブスク総再生1億突破

音楽 公開日:2021/09/09 19
この記事を
クリップ

今、最も勢いのある男性5人組アーティスト「Da-iCE」。


8月にリリースしたばかりの『Kartell』が早くもSNSを中心に話題になっている中、昨年末にリリースした『CITRUS』がサブスクでの総再生数1億回を突破したという。これは、日本人男性ダンス&ボーカルグループ歴史上初の快挙である。


今楽曲は、ドラマ『極主夫道』の主題歌として書き下ろされた楽曲で、作詞はメンバーの工藤大輝と花村想太。リリース当初から、誰もが真似したくなるような、サビ部分のハイトーンボイスと“離さないって決めたから”という歌詞が注目を集め、WEB上には多くの『CITRUS』カバーコンテンツ投稿が溢れる形となり話題に。その後、YouTubeチャンネル『THE FIRST TAKE』で同楽曲を歌唱し、更に拍車がかかり1億回再生されるほどの大ヒットとなったのだ。


メンバーを代表して大野雄大からコメントが届いた。

「You Tube」や「Tik Tok」でカバーしてくれてる方はもちろん、
この楽曲が、様々な形で皆様に届けられていて、本当に嬉しいですし、大変感謝しております!


また、オフィシャルSNSでは“近日情報解禁“というハッシュタグが使われており、今後、「CITRUS」関連で何かあるのでは!?という匂わせが感じ取れる。まだまだ勢いが止まらない「Da-iCE」から目が離せない。



※本記事は掲載時点の情報です。