緑黄色社会『Mela!』、自身初のストリーミング再生数1億回を突破

音楽 公開日:2021/09/08 4
この記事を
クリップ

緑黄色社会の『Mela!』(メラ)が、自身初のストリーミング再生数1億回を突破した。


『Mela!』は、2020年4月13日に配信リリースされ、ダリヤ『パルティ カラーリングミルク』CMソングや、日本テレビ系『スッキリ』の「ひとつになろう!ダンスONEプロジェクト」課題曲としての起用が大きな反響を呼び、若年層を中心に人気が爆発、同年発売のアルバム『SINGALONG』(シンガロング)リード曲としても収録された話題曲。その『SINGALONG』も、iTunesアルバム総合ランキング・同J-POPランキング・moraアルバム総合ランキング・Apple Music アルバムJ-POPランキングで自身初となる1位を獲得し、CDはオリコンウィークリーCDアルバムランキングで7位を獲得するなど、緑黄色社会の飛躍の象徴となった1枚。


また、『Mela!』のMusic Videoが約3500万回再生、ライブ映像が約1600万回再生と関連コンテンツも驚異的なペースで数字を伸ばし続けている。


緑黄色社会は、8月25日(水)は4枚目のシングルとなる『LITMUS』(リトマス)をリリースしたばかり。表題曲『LITMUS』はテレビ朝日系 木曜ドラマ『緊急取調室』主題歌として書き下ろしたミディアムバラードで、リリース直後からiTunes総合チャートTOP10入り、週刊USENヒットJ-POPランキング2位など主要チャート入りを果たし、自身最速で1万ダウンロードを突破するなどこちらも話題となっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ