東京女子流、夏シングルリリース「わたしたちのヒミツ」をテーマに描かれた2曲とは?

音楽 公開日:2021/08/18 8
この記事を
クリップ

4人組ガールズ・グループの東京女子流が、「わたしたちのヒミツ」をテーマに描いたシングル『ストロベリーフロート』をついにリリースした。


シングルのテーマにあるように、公には話すことのできないコソコソとした女子会をイメージしたというこのシングル。そこで話されるトークテーマが18日、いよいよ明らかとなった。 


1曲目のトークテーマは「失恋」だ。シングルの表題曲『ストロベリーフロート』は甘く切ないラブソング。いつまでも待ち合わせに現れない相手、わずかな希望を胸に健気に待つ彼女、そうきっと長くは続かない、寧ろ徐々崩れゆく二人の関係性を「ストロベリーフロート」で表現した。その恋が終わる予感をしたためた歌詞とは裏腹に、曲調は高揚感たっぷりのディスコサウンドに仕上げ、次のステージに向かう強さを曲調で表現。まさに”ガールズパワー”を感じる1曲に違いない。 


2曲目の『ガールズトーク』で描かれるのは「愚痴」。 年下からの熱烈なアプローチを受けながらも恋人にするまではないわと女子会で愚痴る様子を描いたこの楽曲はグルーヴィーなポップチューン。要所要所で挟みこまれるセリフ口調のラップは、まさにガールズトークの一幕だ。これまで、年上への恋心を描いたラブソングを数多くリリースしてきた東京女子流が、初めて「年下から受ける好意」に挑戦した楽曲であるため、彼女たちの”成長”を感じられる1曲となる。是非視聴して頂きたい。


そして、『ガールズトーク』のプロデューサーで、今注目の野村帽子からコメントが到着した。

 「今回の楽曲は東京女子流の中でも今までとは一味違ったダンスチューンとゆうのをコンセプトに制作させてもらいました。良き作品が出来たので発売した音源を沢山聴いて楽しんでいただきたいのですが、彼女達のダンスと一緒にライブで聴いてもらえればより一層この楽曲のカッコよさを体感してもらえると思います!」

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ