米津玄師 YouTubeチャンネル登録者数600万人突破、日本人アーティスト1位

音楽 公開日:2021/08/16 9
この記事を
クリップ

8月14日、米津玄師YouTubeチャンネル登録者数が600万人を突破した。


600万人というYouTube公式チャンネル登録者数は日本人アーティストとして第1位、チャンネル動画総再生数は37億回と圧倒的な数を誇る。


米津玄師のMVとしては『Lemon』が日本人アーティスト最多となる6.9億回再生、次いで『アイネクライネ』2.9億回再生、『LOSER』2.7億回再生をはじめ、1億回再生超えタイトルは全14作品。『Lemon』『アイネクライネ』『LOSER』『ピースサイン』『灰色と青(+菅田将暉)』『orion』『Flamingo』『感電』『パプリカ』『春雷』『馬と鹿』のほか、米津がプロデュースした、Foorin『パプリカ』(2.2億回再生)、DAOKO×米津玄師「打上花火」(4.4億回再生)、菅田将暉『まちがいさがし』(1.6億回)も1億回再生を突破しており、公式チャンネル外の作品総再生数は8億回再生を超える。 全ての動画が日々再生回数を伸ばしており、記録を更新し続けている。


そんな中、昨年リリースしたAL『STRAY SHEEP』に収録された『カナリヤ』が、NHK総合での新番組『ふたりのディスタンス』の主題歌に選ばれいよいよ今晩8月16日放送となる。 NHK『ふたりのディスタンス』は、ふたりの日常に焦点をあてその距離感を見つめるドキュメンタリー番組。出演は、伝説の家政婦として人気を集めるタサン志麻と夫ロマン。番組ロゴは、スタジオジブリ鈴木敏夫プロデューサーが手がけた。


音楽界に多くの金字塔を打ち立て続ける米津玄師の名曲を、改めてチェックしてもらいたい。



※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ