SPEEDデビュー25周年 島袋寛子が「hiro」名義で新曲サプライズ配信、ファン歓喜

音楽 公開日:2021/08/05 6
この記事を
クリップ

1996年8月5日にシングル『Body & Soul』でデビューし、その後数々のヒット曲を世に送り出し平成の音楽史を彩ったグループ「SPEED」。デビューから25年を迎えた本日、SPEEDのメインヴォーカル島袋寛子が新曲『Something Great』をデジタルリリースした。



ソロとしては前作『私のオキナワ』以来8年振りで、「hiro」名義でのリリースは約15年振りとなる待望の新曲はこの日サプライズで配信され、8/5 AM00:00の配信開始を迎えるやいなやファンは歓喜した。


日常において忘れがちな、「目の前にある当たり前に感じるその全てが特別なものである」と目の前のことへの感謝の気持ちを綴った歌詞と、軽快で爽やかな大人の夏を感じる1曲となっている。


デビューから25年の時を経て、大人の女性となりその魅力は増すばかりの「hiro」の最新曲『Something Great』は各種音楽配信サービスにて配信中。ファンのみならず必聴の1曲だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)