グラミー賞ノミネート歌手が歌う『大豆田とわ子と三人の元夫』挿入歌が先行配信決定

音楽 公開日:2021/05/25 16
この記事を
クリップ

現代ジャズシーンで活躍するグラミー賞ノミネート歌手グレッチェン・パーラトが日本のテレビドラマで初めて挿入歌を担った、カンテレ/フジテレビ系連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』挿入歌、『All The Same』が5月26日(水)に配信されることとなった。


話題のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』は第1話放送から多くの音楽ファンを驚かせてきており、この挿入歌も、クラシック/現代音楽、サウンドトラックから米津玄師等のJ-POPのトップシーンのアレンジメントまで縦横無尽に活躍の場を拡げている坂東祐大が作曲し、原詞を同ドラマの脚本家・坂元裕二が書き下ろし、更にソロ活動の他、METAFIVEやKIMONOSとしても活動中のLEO今井が英詞を務めるという、豪華な布陣による挿入歌が話題となっている。


演奏はグレッチェンの歌唱の他に、NYで活躍するキーボーディストBIGYUKIも参加し、日本のジャズ界から須川崇志(Bs)、石若駿(Dr)、そして坂東が主宰するEnsemble FOVEがオーケストラを担っている。

6月9日発売の音楽集『Towako's Diary - from “大豆田とわ子と三人の元夫”』に先駆けての配信となる。また、アルバムの収録情報も本日公開された。

グレッチェン・パーラトとBIGYUKIから発売に向けてのコメントは以下の通り。

<グレッチェン・パーラト コメント>
坂東祐大さんによる、「とわ子」の歌を歌わせていただき、とても嬉しいです。
また、たくさんのサポートをしてくださった全ての方に感謝します。
皆さんがこの歌を楽しんでくれることを願っています。
皆さんにたくさんの愛をお贈りします。
ありがとう!

<BIGYUKI コメント>
今回のプロジェクトに参加することが出来て嬉しいです。
坂東くんには自由にやらせてもらえたのですごく楽しかったです。
皆さんもどうか楽しんでくれたらなと思います。


▼グレッチェン・パーラト コメント動画

▼BIGYUKI コメント動画



【リリース情報】
「All The Same(「大豆田とわ子と三人の元夫」より)」

2021年5月26日(水)配信
(作曲:坂東祐大 原詞:坂元裕二 英詞:LEO今井)
グレッチェン・パーラト(vo)
BIGYUKI(syn Bass, Piano)
須川崇志(ele-Bass)、石若駿(drums)、Ensemble FOVE

「Towako's Diary - from “大豆田とわ子と三人の元夫”」
2021年6月9日(水)発売
坂東祐大
3300円(税込)

【番組情報】
■カンテレ/フジテレビ系連続ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』

毎週火曜 21:00~
出演者:松たか子、岡田将生、角田晃広、松田龍平 ほか
脚本:坂元裕二
音楽:坂東祐大
演出:中江和仁、池田千尋、瀧悠輔
プロデュース:佐野亜裕美




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)