adieu(上白石萌歌) 2ndミニアルバムの全貌公開、カネコアヤノらが参加

音楽 公開日:2021/05/12 14
この記事を
クリップ

adieu(上白石萌歌)が、1年7カ月ぶりとなる2ndミニアルバム『adieu2』を2021年6月30日(水)にリリース、その全貌をadieu Official Webにて公開した。


『adieu2』は新曲全5曲収録。4月デジタルリリースした最新曲『春の羅針』(作詞作曲:君島大空)のほか、前作と同じく小袋成彬作詞作曲による『ダリア』、塩入冬湖(FINLANDS)作詞作曲による『シンクロナイズ』、そして今作新たにカネコアヤノ作詞作曲による『天使』、古舘佑太郎(2)作詞作曲による『愛って』が収録。そして今作も全曲サウンドプロデュースをYaffleが手掛けている。


LIMITED EDITION(初回生産限定盤)は紙ジャケット仕様となり、Photo Bookが封入される。DVDには、3曲のMUSIC VIDEOやレコーディングやMUSIC VIDEO撮影に密着したメイキング映像のほか、前作『adieu1』発売記念として100名限定で開催されたプラチナチケットライブ[secret show case [unveiling]/2019]の映像が完全収録される。

さらにNORMAL EDITION(通常盤)には、BONUS TRACKとしてアーティストの一発撮りを鮮明に届けるYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」で話題となった映像を音源化した『よるのあと - From THE FIRST TAKE』と、今夜公開となる1曲を加え、計7曲が収録される。

adieu自身も「前作の世界観そのままにその幅や深さを拡げたようなミニアルバムで今後ライブなどを見据えたようなバリーションのある楽曲になっています」と語っている通り、今後の更なる音楽活動の本格化を感じさせること間違いない最新ミニアルバムに期待が高まる。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 8件)