観月ありさ 30周年デビュー日にYouTube Live開催、過去楽曲サブスクも順次開始

音楽 公開日:2021/05/09 8
この記事を
クリップ

1991年5月15日にシングル『伝説の少女』でデビューし、今年で30周年を迎える歌手で女優の観月ありさ。


そんな観月がデビュー日の5月15日(土)の17時より自身初となるYouTube Liveでの番組生配信を実施することが明らかになった。

これまでの歌手としての活動を振り返りながらトークをするとのことで、これからの歌手活動への期待も膨らむ内容となりそうだ。


更に、デビュー日翌日、5月16日(日)のAM 00:00より過去にリリースされた楽曲を各種音楽サブスクリプションサービスにて配信を開始する。サブスクリプションサービスでの配信は、過去楽曲を順次となるとのことで、今回は2016年12月5日発売のアルバム『VINGT-CINQ ANS』より『伝説の少女(2016ver.)』『TOO SHY SHY BOY!(2016ver.)』をはじめとする3パッケージ全9曲を配信する。

2021年5月16日(日) AM 00:00 各種サブスクリプションサービス配信楽曲

◆2016年12月5日発売
「VINGT-CINQ ANS」より
・伝説の少女(2016ver.)
・TOO SHY SHY BOY!(2016ver.)

◆2014年12月10日発売
「わたし/Heroines!」より
・わたし
・Heroines!

◆2011年08月17日発売
「星の果て」より
・星の果て
・星の果て(Piano Version)
・ALISA IN WONDERLAND
・星の果て(Instrumental)
・ALISA IN WONDERLAND(Instrumental)

今後は、過去にリリースされた楽曲を月に一度随時サブスクリプションサービスにて配信していくとのことなので、ファンのみならずとも必見だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ