『鬼滅の刃』禰豆子役・鬼頭明里らのライブが目の前で蘇る、360立体音響を体感

音楽 公開日:2021/04/22 3
この記事を
クリップ

ソニーの360立体音響技術を使ったアーカイブ型オンラインフェス『360 Reality Audio SOUND DIVE FES vol.1』がWebサイト上で開催されている。このフェスでは、鬼頭明里、私立恵比寿中学、Little Glee Monsterのライブが目の前で蘇る!



360 Reality Audioは、ソニーの360立体音響技術を使った新しい音楽体験。ボーカルやコーラス、楽器などの音源一つひとつに位置情報をつけ、球体の空間に配置。アーティストの生演奏に囲まれているかのような、没入感のある立体的な音場を体感することができる。対応する音楽ストリーミングサービス(Amazon Music HD、Deezer、nugs.net[洋楽のみ対応])に登録し、ヘッドホンやソニー認定スピーカーで、対応コンテンツを再生することで体感できる。


今回開催されているSOUND DIVE FESには、第1弾アーティストとして『鬼滅の刃』竈門禰豆子役の声優・鬼頭明里や、エビ中こと私立恵比寿中学、女性ボーカルグループ・Little Glee Monster(リトグリ)の3組が登場。過去のライブ映像を、お持ちのヘッドホンで聴くことで、アーティストが目の前に蘇り、ライブ会場で演奏しているかのような臨場感ある360 Reality Audioの疑似体験を楽しむことができる。コロナ禍で音楽の楽しみ方に制約がある中、360 Reality Audioは自宅にいながらも、まるでライブ会場にいるような体験を可能にする新しいライブスタイルを提案する。

そのほか特設サイトでは、YouTubeにて先行公開されていた大滝詠一『恋するカレン』ほか、360 Reality Audioの疑似体験が楽しめるスペシャルミュージックビデオなどが公開されている。今後も順次配信コンテンツを拡大予定。『360 Reality Audio SOUND DIVE』で立体音響を体感しよう。


▼特設サイト

https://www.sony.co.jp/united/360ra_sounddive/(外部サイト)

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)