松田聖子 名曲『青い珊瑚礁』初MV解禁、40年ぶり“聖子ちゃんカット”披露

音楽 公開日:2021/04/01 17
この記事を
クリップ

昨年デビュー40周年を迎え、『SWEET MEMORIES 〜甘い記憶〜』『瑠璃色の地球 2020』という名曲セルフカバーや37年ぶりに財津和夫とタッグを組んだ新曲『風に向かう一輪の花』が多くの人々に支持された松田聖子。


オリジナルアルバム『SEIKO MATSUDA 2020』はロングヒットを記録。熱望されていた全国アリーナツアーはコロナ禍で2021年に延期となったが、コロナを乗り越えようとする今、少しでも元気を届けられたらという想いから、2021年も40周年モードを継続していく。


2021年の第一弾配信シングルとなる今作は、松田聖子の名を世に知らしめたデビュー初期の代表曲『青い珊瑚礁』のセルフカバー。長引くコロナとの闘いが続く中、デビューした1980年という日本が活気に輝いた時代を象徴するアップチューンの代表曲、セルフカバー『青い珊瑚礁 〜Blue Lagoon〜』をデビュー記念日の4月1日より配信がスタートした。


「青い珊瑚礁は、私自身も大好きな曲で、デビューして40年経った今、この楽曲をリアレンジでセルフカバーできることに、とてもワクワクしています。2コーラス目のサビ前、”あなたが好き あなたが好き”のリフレインの部分は、オリジナルと違うアレンジになっていて新しい青い珊瑚礁~Blue Lagoon~を楽しんでいただけたら幸せです」と語った聖子。


『青い珊瑚礁』は作詞:三浦徳子、作曲:小田裕一郎、編曲:大村雅朗により、松田聖子のデビューイヤー1980年に2枚目のシングルとして発売された楽曲で、後に松田聖子作品に欠かせない存在となる大村雅朗が初めて編曲で参加。リリース後、ロングヒットし、数ある松田聖子のヒット曲の中でもアップチューンのメモリアルな代表曲。オリジナル曲のリリース当時はMusic Videoが存在せず、今作セルフカバーの発売に際して、松田聖子自らが監督した同曲初のMusic Videoが制作され、本日解禁された。80年代を彷彿とさせるシーンや、見逃せない貴重なショットも収録されているMVは話題必至の作品となっている。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ