SKY-HI 主催オーディション番組「THE FIRST」、日テレ『スッキリ』が追う

音楽 公開日:2021/03/12 7
この記事を
クリップ

兼ねてからアナウンスされていた、SKY-HIが立ち上げたマネジメント/レーベル「BMSG」の主催するオーディション「THE FIRST」の番組に関しての続報が、鮮烈なティザーと共に発表された。

 

クオリティファースト、クリエイティブファースト、アーティシズムファーストをかかげたこのオーディションは既にスタートしているが、「SKY-HI自身が1億円を個人的に出資しオーディション番組を作成し、地上波でも放送される」と先日アナウンスされ、期待の声が高まっていた。

 

そんなオーディション「THE FIRST」が放送されるのは、なんと昨年Nizi Projectを密着しNiziU誕生を応援してきた『スッキリ』(日本テレビ)だ。


三月初旬、スッキリ番組内ではオーディション名を伏せた状態で「ボーイズグループのオーディションを放送する」というアナウンスが行われていた。


その直後からSNSでは、視聴者の間で”どのボーイズグループのオーディションなのか”という予想合戦が繰り広げられ、予想や多様なボーイズオーディションの情報がまとめられた記事が各所で展開されるなど盛り上がりを見せていた。

 

そんな盛り上がりのなか発表されたのが今回の「THE FIRST」である。『スッキリ』での初回OAは4月2日(金)を予定しているという。放送日当日の20時からはHuluで完全版を配信。さらに、TVerでもスッキリで放送したものを同日15時に配信予定だ。

 

また、BMSGのオフィシャルYoutubeアカウントにはティザーの第二弾が公開されており、ベールに包まれたTHE FIRSTの番組の様子が伺える。

 

SKY-HI、そして彼の元に集う少年達がどのような活躍を見せるのか。日本の、アジアの、そして世界の芸能界に挑む、立ち上げ一年目の会社「BMSG」への期待が高まる。

 

<SKY-HIコメント>

メジャー、インディーズ、オーバーグラウンド、アンダーグラウンド、歌い踊りラップして曲を作り、様々な角度で日本、アジアの音楽と向き合って来ました。

日本の音楽シーンには強みも弱みも独特なものがありますが、その中で一番"殺されている、活かされていない強み"が若い才能である事は間違いなく、オーディションを開催してそれは確信に変わりました。日本の音楽にはまだまだたくさんの可能性があります。ここから5年、10年で全てをひっくり返す為に、全てを投げ打つつもりで起業しオーディションも始めた訳ですが、その分、絶対に成功させなくてはいけないと思い…ダメ元で、昨年日本中を巻き込んだ、エンターテイメントの発信地であるスッキリさんにも密着いただけないかお願いしてみたところ、この上ない形でご一緒させて頂けることになりました。

クオリティファースト、クリエイティブファースト、アーティシズムファーストを胸に、共鳴してくれた参加者の方々と共に歩き、日本の音楽シーンをぶち上げる礎を築いて、絶対に胸が震える物にしますので、何卒よろしくお願いします。是非ご覧ください!

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ